皇帝戦

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

皇帝戦/Emperorは、多人数戦変種ルールの1つで、CR:809に定められている。3人1チームになり、複数チームで対戦を行う形式。

[編集] ルール

各チームはテーブルの一辺に並んで座り、チームの中央に座るプレイヤーを「皇帝/Emperor」、それ以外の2人を「将軍/General」とする。初期状態では、皇帝は自チームの将軍2人に隣接し、将軍は自チームの皇帝と敵チームの将軍の1人と隣接することになる。

皇帝が敗北した時点がそのチームの敗北となる。将軍の敗北はチームの勝敗に影響しない。つまり将軍は自分の身で皇帝を守るのが役目となる。

その他、以下の選択ルールを用いる。

これらのルールにより、初期状態の皇帝は敵チームから影響を受けることも攻撃されることもない。攻撃することもできないが、敵チームの将軍に影響を与えることはできる。

ターンは、皇帝の中から無作為に1人を決め、そのプレイヤーから始めて左に進んでいく。ターン進行やリソースは個人ごとであり、同じチームであっても共有されることはない。ただし、チームメイトとの相談や手札の見せ合いなどは自由である。

  • 人数が同じであれば何チームでも同時に対戦できる。
  • 1チームを4人以上にしてもよい。この場合の影響範囲は適宜決め直した方がよい。
    • 各将軍の影響範囲は、ゲーム開始時に相手のチームの将軍1人が影響範囲に入る最小の数にすることが推奨される。
    • 各皇帝の影響範囲は、ゲーム開始時に相手のチームの将軍2人が影響範囲に入る最小の数にし、皇帝は他の皇帝の影響範囲に入った状態でゲームを始めることがないように座ることが推奨される。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif