発売記念パーティ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

発売記念パーティ/Launch Partyは、闇の隆盛まで開催されていた、発売したばかりの新エキスパンションを用いた認定大会プレミアイベント)。開催時期はその新エキスパンションの発売日の週末。以前はリリース・トーナメント/Release Tournamentと呼ばれていたが、モーニングタイドから現在の名称に変更された。

フォーマットシールドが採用される。ウィザーズ・プレイ・ネットワークにおいてゲートウェイレベル以上の主催者が開催できた。

イーブンタイドまでは日本では開催されず、代替イベントとしてプレリリース・パーティが存在した。アラーラの断片からのプレリリースの一新により、日本でも開催されるようになった。アヴァシンの帰還からは廃止され、代わりに発売記念週末が開催されるようになった。

  • トーナメントパックが発売されていた頃の使用されるパックの分量は以下のようになっていた。
    • 大型エキスパンションの場合は、トーナメントパック×1と、ブースターパック×2。
    • 小型エキスパンションの場合は、同じブロックの大型エキスパンションのトーナメントパック×1と、ブースターパック×2。
      • 2009年から大型エキスパンションのトーナメントパックの替わりに大型エキスパンションのブースターパック×3を使うのも認められた。

プロモーション・カード発売記念プロモ)が参加賞として配布されるが、このカードを大会中デッキに入れることはできない。

[編集] 参考

QR Code.gif