コンスピラシー・ドラフト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

コンスピラシー・ドラフト/Conspiracy Draftは、総合ルールで定められているカジュアル変種ルールの一つ。

目次

[編集] 解説

特殊なカード・セットコンスピラシー・シリーズ(→#専用セット)を用いた多人数戦ブースター・ドラフトドラフト中に効果を発揮する能力を持ったカードや、デッキとは別にゲームに投入できる策略カードを用いるのが特徴。

[編集] ルール

[編集] ドラフトのルール

基本的なルールはブースター・ドラフトの項を参照。

  • プレイヤーブースター・パックを1つ開封し、すべてのカードがドラフト(ピック)され終わるまでの行程を、ドラフト・ラウンド/draft roundと呼ぶ。ドラフトは通常3つのドラフト・ラウンドからなる。
  • 第1、第3ドラフト・ラウンドでは、ブースター・パックは左隣のプレイヤーに渡す。第2ドラフト・ラウンドでは、ブースター・パックは右隣のプレイヤーに渡す。
  • ドラフトの間、プレイヤーは自分がその時点でドラフトしているブースター・パック内のカードと、自分がそれまでにドラフトしたカード、後述する公開されているカード、後述する表向きでドラフトされたカードだけしか見ることはできない。プレイヤーは能力にそう書かれていない限り、ドラフトしたカードを他のプレイヤーに公開してはならない。
  • ドラフト、ならびにドラフト中やドラフト後に行なえる処理全てが終わった後で、プレイヤーがドラフトしたカードはそのプレイヤーのカードプールとなる。
  • ドラフト中に処理を行う能力を持つカードが存在する。
    • ドラフト中は、アクティブ・プレイヤー優先権のシステムは存在しない。ドラフト中、複数のプレイヤーが同時に何か処理を行ないたいと思い、かつ順番が決められなかった場合、その処理は無作為の順番で行なわれる。
    • カードの中には、ドラフトされるに際して公開し、数字といった情報を記録するように指示しているものがある(隠れ潜む自動機械/Lurking Automatonなど)。この情報はゲーム中、他の能力によって参照されることがある。どのプレイヤーも、ドラフト中、またはゲーム中にこの情報を見ることができる。情報を記録したあと、そのドラフトされたカードは裏向きでそのプレイヤーのドラフトしたカードの束に加えられる。
    • カードの中には、表向きでドラフトするというものがある。これらのカードはドラフトが完了するか、効果によって裏向きになるか、そのカードがそのプレイヤーのドラフトしたカードの束を離れるまでの間表向きである。このカードは表向きなので、全てのプレイヤーはこのカードを見ることができる。

[編集] ゲームルール

基本的なルールは多人数戦のルールに準ずる。詳細は多人数戦の項を参照。

[編集] 策略のルール

詳細は策略の項を参照。

[編集] 専用セット

[編集] 参考

引用:総合ルール 20210202.1

QR Code.gif