不撓のアジャニ/Ajani Unyielding

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ajani Unyielding / 不撓のアジャニ (4)(緑)(白)
プレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

[+2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚公開する。これにより公開されたすべての土地でないパーマネント・カードをあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
[-2]:クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。それのコントローラーは、それのパワーに等しい点数のライフを得る。
[-9]:あなたがコントロールする各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ5個と、あなたがコントロールする他の各プレインズウォーカーの上に忠誠(loyalty)カウンターをそれぞれ5個置く。

4

霊気紛争で登場した6枚目のアジャニ忠誠度能力は、手札の補充、クリーチャー追放+1/+1カウンター忠誠カウンターの配置。

+2能力
自然との融和/Commune with Nature系統の限定的サーチ。3枚公開して、土地でないパーマネントを全て手札に加える。
この能力でクリーチャーやプレインズウォーカーを引き込み奥義に繋げるのがこのカードの戦術。忠誠度を伸ばしながら継続的に手札が補充できるのは強力だが、2枚以上引けることもあれば、何も引けない可能性があるため、やや不確実である。手札を増やす確率を上げるにはデッキ構築の段階である程度気を使う必要がある。占術持ちを使うのも有効。
-2能力
剣を鍬に/Swords to Plowshares
ソーサリー・タイミングで1ターンに1度のみ、対戦相手ライフを与えてしまうデメリットもあるが、単体除去が複数回使えるのは単純に強力。直接打点を伸ばすことができないが、厄介なブロッカーを排除することで戦況を有利にできる。
御多分に漏れず、搭乗役を排除することはできるものの、機体そのものは止められないという弱点を抱えている。白緑アーティファクトの対処が得意な色なので、他の方法でケアしてやりたい。
-9能力
自軍のクリーチャーに+1/+1カウンターを、他のプレインズウォーカーに忠誠カウンターを5個ずつ配置する。
クリーチャーとプレインズウォーカーの支援を得意とするアジャニらしい能力。クリーチャーが横に並んだ状況で使えば強力だが、回避能力が付くわけでもないので即勝利とはいかず、逆に一斉攻撃が通る状況下ではこれを使わずとも殴り切れてしまうだろう。したがって、注目すべきは忠誠カウンターを置く効果のほうか。
+2能力から展開した複数のプレインズウォーカーの忠誠カウンターを一気に引き上げ、強力なマイナス能力や奥義を連発するのが有効な利用法だろう。できるだけ強力な忠誠度能力を持ったプレインズウォーカーと組ませたい。

継続的なアドバンテージ源となり、戦場に直接触れられるなど、堅実にアドバンテージを稼ぐ能力を持っている。一方で6マナという重さに対してボード・アドバンテージへの貢献が小さく、状況を大きく動かすことができない点は評価が難しいところ。登場時のスタンダードではプレインズウォーカーを中心としたデッキへの採用が考えられ、ニッサの誓い/Oath of Nissaを軸にした多色デッキなどに少数採用されることがある。プレインズウォーカーというタイプそのものに言えることだが、キランの真意号/Heart of Kiran霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvesterといった飛行を持つ機体の使用率が高いことが向かい風。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

テゼレット/Tezzeretを追ってカラデシュ/Kaladeshへやってきたアジャニ。詳細はアジャニ/Ajaniを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif