発光の始源体/Luminate Primordial

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Luminate Primordial / 発光の始源体 (5)(白)(白)
クリーチャー — アバター(Avatar)

警戒
発光の始源体が戦場に出たとき、対戦相手1人につき、それぞれそのプレイヤーがコントロールするクリーチャーを最大1体まで対象とし、それを追放する。そのプレイヤーは、その追放されたクリーチャーのパワーに等しい点数のライフを得る。

4/7

の始源体は、各対戦相手に対して1発ずつ剣を鍬に/Swords to Plowsharesを撃てる。

剣を鍬にの強みは1マナインスタントであることなので、7マナで使えても有難みは小さい。回避能力を持たない4/7警戒だけでは、フィニッシャーとしても心もとない。

リミテッドでは除去付きでアドバンテージを取れるクリーチャーなので実用性は高いが、構築では出番はないだろう。多人数戦においても重さが災いして有用度は低い。

  • 誘発型能力解決時に、対象となったクリーチャーの一部が戦場に存在していないならば、そのクリーチャーのコントローラー最後の情報を参照してライフを得る。対象となったクリーチャーがすべて戦場に存在していないならば、立ち消えとなってライフは得られない。
    • 日本語版は「その追放されたクリーチャー」とあるため紛らわしいが、実際にクリーチャーが追放される必要は無い。オラクルでは" exile up to one target creature that player controls and that player gains life equal to its power"と記載されており、追放されることがライフを得る条件ではないことが明確である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ギルド門侵犯の始源体サイクル戦場に出たときに、対戦相手1人につき何らかの効果を発生させるアバタークリーチャー。各に1枚ずつ存在する。

[編集] 参考

QR Code.gif