正義の凝視/Gaze of Justice

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Gaze of Justice / 正義の凝視 (白)
ソーサリー

正義の凝視を唱えるための追加コストとして、あなたがコントロールするアンタップ状態の白のクリーチャーを3体タップする。
クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。
フラッシュバック(5)(白)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストと追加コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


フォールン・エンパイアにあるHand of Justice起動型能力を切り出したようなソーサリー呪文破壊追放になったのは、Hand of Justiceのリメイクであるカタパルトの達人/Catapult Masterから受け継いだものと思われる。

マナ・コスト軽いので白ウィニー除去として採用できそうだが、貴重な戦力を3体もタップしてしまうのはつらい。フラッシュバックコストも6マナと、ウィニーには重すぎる。むしろカウンターポストなどのようにトークンを並べるコントロールデッキの方が相性がよいと思われる。

リミテッドでは、腐っても除去なのでメインの構成なら採用する価値はある。フラッシュバックも狙うために長期戦に持ち込めるような構成にしたい。

Pauperでは白単トークンサイドボードに採用されることがある。

[編集] 参考

QR Code.gif