マロー/Maro

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Maro / マロー (2)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

マローのパワーとタフネスはそれぞれ、あなたの手札のカードの枚数に等しい。

*/*

自分手札の枚数に等しいP/Tを持つクリーチャー

ビートダウンに寄りがちなにあってその性質はやや異色。そのため浄火の鎧/Empyrial Armorに比べると出番は少なかったが、緑をタッチしたコントロールデッキ5CGなど)のフィニッシャーとして活躍した。またマローゲドンと呼ばれるデッキも作られた。

土地リセット後は手札が必然的に増えることから、ハルマゲドン/Armageddon隔離/Sunderとの相性は良い。

  • ネーミングは現主任デザイナーのMark Rosewaterの愛称から。
    • カードデザインもフレイバー・テキストの作成も彼本人が行なった。彼にとっても思い入れのあるカードらしく「お気に入りの1枚」と公言しており、イラスト原画を購入、Tシャツを作って愛用しているほどだという(→クローゼットより その2参照)。
      • そのフレイバー・テキストは、すぐにサイズが変わるマローの特性を良く表している。
同じマローを見る者は二人といない。

目次

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

手札の枚数を参照する特性定義能力ないしP/Tへの強化修整能力を持つカード


また、逆マローとでもいうべき、手札枚数に応じてサイズが縮むクリーチャ-として

が存在する。

[編集] 神河救済の麻呂サイクル

いずれも伝説のスピリットである。

[編集] 参考

QR Code.gif