髑髏砕きの一撃/Shatterskull Smashing

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shatterskull Smashing / 髑髏砕きの一撃 (X)(赤)(赤)
ソーサリー

クリーチャーやプレインズウォーカー合わせて最大2体を対象とする。髑髏砕きの一撃はそれらにX点のダメージをあなたの望むように割り振って与える。Xが6以上であったなら、代わりに、髑髏砕きの一撃はそれらにXの2倍の点数のダメージをあなたの望むように割り振って与える。

Shatterskull, the Hammer Pass / 鎚の山道、髑髏砕き
土地

鎚の山道、髑髏砕きが戦場に出るに際し、あなたは3点のライフを支払ってもよい。そうしないなら、これはタップ状態で戦場に出る。
(T):(赤)を加える。


ゼンディカーの夜明けの目玉である、第2面アンタップイン可能な土地である神話レアソーサリーサイクル

第1面は、クリーチャープレインズウォーカーのみ最大2体に割り振って飛ばせるX火力火種重い都合上、基本的に対象は1体になる事が多いが、計8マナ以上つぎ込めば値が倍化するため対象2体それぞれにそのままX点を割り振る事ができる。

第1面のみ考えたコスト・パフォーマンスは一般的ソーサリーとは比べるべくもないが、「腐ってもアンタップイン土地としても使える除去」という特性は過去類を見ない、計3マナでタフネス1を、適宜マナをつぎ込めばそれ以上のクリーチャーも焼ける柔軟性は見た目以上に使い勝手がよい。もともと色拘束の強さ、フェッチランドの動きと噛み合わない事から、デッキカラーが少ないデッキでの採用が主となるサイクルではあるが、赤系アグロデッキにはそのまま合致するしライフ3点の支払いも攻める側となればそれほどのデメリットではない。

登場直後からスタンダードパイオニアモダンの各赤絡みデッキにおいて選択肢の一つとして採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ゼンディカーの夜明けの、神話レアモードを持つ両面カードサイクル第1面ソーサリーで、第2面は3点のライフ支払わなければタップインする土地

[編集] 参考

QR Code.gif