三度の再誕、ジェスカ/Jeska, Thrice Reborn

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jeska, Thrice Reborn / 三度の再誕、ジェスカ (2)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — ジェスカ(Jeska)

三度の再誕、ジェスカは、このゲームであなたが統率領域から統率者を唱えた回数1回につき忠誠(loyalty)カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
[0]:クリーチャー1体を対象とする。あなたの次のターンまで、そのクリーチャーがあなたの対戦相手1人に戦闘ダメージを与えるなら、代わりに、それはそのプレイヤーにその3倍のダメージを与える。
[-X]:クリーチャーやプレインズウォーカーやプレイヤー合わせて最大3つを対象とする。三度の再誕、ジェスカはそれらにそれぞれX点のダメージを与える。
三度の再誕、ジェスカは統率者として使用できる。
共闘

0

プレインズウォーカー/Planeswalker時代(オンスロート・ブロック終盤および時のらせんブロック)の姿でカード化されたジェスカ/Jeska共闘を持ち統率者に指定できるプレインズウォーカーで、忠誠度能力クリーチャー戦闘ダメージの3倍化、任意の対象3つへの火力と、いずれもカード名にある「3」を意識している。このゲーム中に統率者を唱えた回数が初期忠誠度になる。

±0能力
クリーチャー1体が対戦相手与える戦闘ダメージを次のターンまで3倍にする。
自軍のクリーチャーを対象にするのが基本だろうが、同盟を結んだ別プレイヤーのクリーチャーを対象にして危険なプレイヤーを狙わせる手段にもなる。
-X能力
任意の対象3つに対してX点火力。
プラス忠誠度能力を持たないため大火力を出すことは難しいが、一度に3つのパーマネントを排除しうる影響力は侮れない。この能力で忠誠値を使い切って統率領域に戻し、再度唱え直せば同一ターンに再び起動可能なのも評価点。

戦闘ダメージ増加にブロッカー排除と、統率者ダメージ勝ちの支援に向いた性能を持つ。兄のクローサの心胆、カマール/Kamahl, Heart of Krosaは自身の能力パワーが8になるため相性が良く、統率者ダメージ24点でワンショットキルが可能。もちろんパワーが7の船壊し、ダーゴ/Dargo, the Shipwreckerと組んでも21点で一撃必殺。後者のページに記載されているループを使い、ループのシメにこちらを唱え-X能力で対戦相手を焼き払うことも可能。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

統率者レジェンズ神話レア統率者サイクル伝説のクリーチャーか、統率者として使用できる能力を持つ伝説のプレインズウォーカーで、いずれも共闘を持つ。

[編集] ストーリー

カローナ/Karonaから分離した際にプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点ったジェスカ/Jeska。その身を捧げて最大かつ最後の時の裂け目/Riftを塞ぎ、多元宇宙/Multiverseを救った。

詳細はジェスカ/Jeskaを参照。

[編集] 脚注

  1. The Legendary Characters of Commander Legends, Part 1/『統率者レジェンズ』の伝説たち その1(Card Preview 2020年10月30日 Ari Zirulnik and Ethan Fleischer著)

[編集] 参考

QR Code.gif