火炎放射/Cone of Flame

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cone of Flame / 火炎放射 (3)(赤)(赤)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。火炎放射はそれに1点のダメージを与える。別のクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。火炎放射はそれに2点のダメージを与える。さらに別のクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。火炎放射はそれに3点のダメージを与える。


3つの対象に1点・2点・3点の合計6点ダメージを放つ火力呪文円錐カードの祖。

5マナで6点ダメージなのでX火力よりは効率がよい。小型クリーチャーに使えば最大で1対3の交換ができるため、カード・アドバンテージが稼ぎやすい点も魅力。

しかし対象の数やダメージ点数の融通が効かないのが泣き所。合計はともかく最大ダメージは3点止まりであるため、中型以上のクリーチャー対戦相手プレインズウォーカー焼く際には、少々威力不足を感じることが多い。

構築では扱いにくさと重さから敬遠されがちであるが、リミテッドでは優秀。1枚で一気に均衡を崩すことも珍しくない。

  • 対象を3つ取るので、戦場にクリーチャーかプレインズウォーカーが最低1体はいなければ唱えることができない。1体いれば、「そのパーマネント」「対戦相手」「自分」として撃つことはできる。
    • プレインズウォーカーへのダメージ移し替えルール廃止に伴って制約が緩くなったカードの一つ。かつては対戦相手とプレインズウォーカーを同時に焼くことができず、また自分のコントロールするプレインズウォーカーを対象とすることもできなかったため、戦場にクリーチャーが必須であった。
    • 多人数戦なら3人以上のプレイヤーがいるため、2人対戦と比べ制約は緩くなる。
  • 5マナのソーサリー、3つの対象、合計6点ダメージと降り注ぐ塊炭/Shower of Coalsと類似する。また、発火/Pyrotechnicsと比べると、そちらは融通が効く代わりに合計4点と威力が低くなっている。
  • カード名と性能通りのイラストが特徴的で、円錐状に広がる炎(Cone of Flame)に3人が焼かれている。ウェザーライト版のイラストの方が焼かれる度合いの違う3者がはっきりと描かれていてより分かりやすいが、第10版版のイラストも炎の中を良く見ると3人の人影が見える。

[編集] 関連カード

[編集] 亜種

火炎放射/Cone of Flameを元祖とするのんびりと続いている円錐(cone)カード・シリーズがある[1][2][3]

1と2と3の数字に関係する何らかの効果を生み出す。ほとんどはマナ・コストが(3)(M)(M)のソーサリー。開発時の仮称は「Cone of …」のものが多い。

[編集] 脚注

  1. Card of the Day - 2009年10月29日
  2. ゼンディカー探索エンチャント開発中の没案には円錐版探索が存在した。Places to Go and Things to Do参照。
  3. Erik Lauerは円錐カードのファンで、開発に関わったセットに毎回、円錐の亜種を提案している。Spell Check/呪文の検査参照。

[編集] 参考

QR Code.gif