バンド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
バンド/Banding
種別 常在型能力
登場セット 多数
CR CR:702.21

バンド/Bandingは、マジック初期から存在するキーワード能力攻撃クリーチャーの指定や戦闘ダメージ割り振りのルールを変更する常在型能力である。


Benalish Hero / ベナリアの勇士 (白)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

バンド

1/1

[編集] 定義

プレイヤーが攻撃クリーチャーを指定する際、そのプレイヤーはバンドを持つ任意の数のクリーチャーと、1体までのバンドを持たないクリーチャー(他の〜とのバンドは持っていてもよい)を、1つの「バンド」として指定してもよい(以降、能力のバンドはバンド能力と表記する)。プレイヤーは同時にいくつの攻撃バンドを指定してもよいが、各クリーチャーは同時に2つ以上のバンドに所属することはできない。

1つのバンドに含まれるすべてのクリーチャーは、プレイヤー1人またはプレインズウォーカー1人を攻撃しなければいけない。

攻撃バンドが宣言されると、何らかの方法でバンド内のクリーチャーからバンド能力や「他の〜とのバンド」が失われたとしても、それは戦闘の間ずっと残る。

戦闘から取り除かれた攻撃クリーチャーは、バンドからも取り除かれる。

[編集] ブロック・ダメージ割り振り

攻撃クリーチャーの1体がクリーチャーによってブロックされると、同じバンドに属する他の各クリーチャーもその攻撃クリーチャーと同じブロック・クリーチャーによってブロックされる。

バンドを構成しているクリーチャーの1体が効果によってブロックされた場合、そのバンド全体がブロックされる。

戦闘ダメージ・ステップの間、攻撃クリーチャーがバンド能力を持つクリーチャーにブロックされた場合、(アクティブ・プレイヤーでなく)防御プレイヤーが攻撃クリーチャーのダメージの割り振りを決める。そのプレイヤーはそのクリーチャーの戦闘ダメージを、ブロックしているクリーチャーすべての中で任意に割り振ることができる。

戦闘ダメージ・ステップの間、ブロック・クリーチャーがバンド能力を持つクリーチャーをブロックした場合、(防御プレイヤーでなく)アクティブ・プレイヤーがブロック・クリーチャーのダメージの割り振りを決める。そのプレイヤーはそのクリーチャーの戦闘ダメージを、それにブロックされているクリーチャーすべての中で任意に割り振ることができる。

[編集] 解説

bandingとは「団結する」という意味。その言葉の意味通り、この能力を持つクリーチャー戦闘に参加すると、複数のクリーチャーを1つの大きなグループにまとめて運用することができるようになる。理路整然・秩序だった軍隊活動を表現する能力として、主にに配分されている。

非常に判りづらくややこしいルールであったため、テンペスト以降(基本セットでは第6版以降)のセットでは一切登場していない。

バンドの特殊な形態として「他の〜とのバンド」という能力があるが、この能力とはバンドの構成方法が少し異なる。本頁の定義節ではその構成方法は省略しているため、詳細は他の〜とのバンドを参照のこと。

[編集] ルール

ルールを要約すると、以下のようになる。

[編集] 攻撃時のバンド能力

  • 攻撃プレイヤーは、バンドを持つ好きな数のクリーチャーと、1体までのバンドを持たないクリーチャーとを、一つの「攻撃バンド」というグループで扱うことができる。
  • 防御プレイヤーは、攻撃バンドの状況に関係なく、通常のルールどおりに(止められるアタッカーと止めるブロッカーをそれぞれ選んで)ブロックを行える。
    • その際にもし「攻撃バンド」を組んでいるクリーチャーが1体でもブロックされた場合、その「攻撃バンド」の全てのクリーチャーが、同時にそのクリーチャーによってブロックされた状態になる。
    • たとえ攻撃バンドの中に回避能力を持っているクリーチャーがいたとしても関係ない。同じ攻撃バンドの中の1体でもブロックされると、どんな回避能力を持っていてもブロックされてしまう。
  • 「攻撃バンド」を組んでいる場合、(通常防御プレイヤーが決めたダメージ割り振り順に基づいて割り振られる)その「攻撃バンド」内にいるクリーチャーへの戦闘ダメージを、攻撃プレイヤーがその「攻撃バンド」内で自由に割り振ることができる。

[編集] 防御時のバンド能力

  • 防御には「防御バンド」という考え方は存在しない。
  • バンドを持つクリーチャーでブロックに参加した場合、(通常攻撃プレイヤーが決めたダメージ割り振り順に基づいて割り振られる)ブロックされたクリーチャーからそれをブロックしているクリーチャーへの戦闘ダメージを、防御プレイヤーが自由に割り振ることができる。

[編集] 具体例

ルールだけでは判りづらいので、具体的にどんなことが起きる(できる)かというと、例えば以下のようなものがある。

[編集] 攻撃時の特徴

  • 通常起きない「アタッカー多数」対「ブロッカー1~多数」の戦いが起こせる。これにより、相手のブロックを悩ませることができる。
    • 例えば、1/1バンドのクリーチャーが3体で「攻撃バンド」を作って攻撃すると、相手はブロックするならこの3体をまとめてブロックしなければならないため、タフネス4以上のブロッカーでないと無事にはすまない(バンドがないと、1体のブロッカーは1体のクリーチャーしかブロックしないので、1/1アタッカーが3体いてもダメ)。
  • ダメージの割り振りを自分で自由に行えるので、全体としての被害を小さくできる。
    • 例えば、1/1バンド持ち2体の攻撃バンドが4/2クリーチャーにブロックされた場合、攻撃側が受ける4ダメージを「片方の1/1に全て割り振り」とすることで、1体だけの損害で済ませることができる。

[編集] 防御時の特徴

  • ダメージの割り振りを自分で自由に行えるので、全体としての被害を小さくできる。
    • 攻撃バンドの例と同じだが、防御時特有の効果として「相手のトランプルスーパートランプルの実質無効化」がある。
    • トランプルはもともと「全ブロッカーを倒してなお余剰のダメージはプレイヤーに割り振れる」というものなので、割り振りを防御側プレイヤーが選択できるケースでは無意味(トランプルダメージも全てクリーチャーに割り振りできる)。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20190614.0

QR Code.gif