タコ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

タコ/Octopusは、クリーチャー・タイプの1つ。


Giant Octopus / 大ダコ (3)(青)
クリーチャー — タコ(Octopus)

3/3


Lorthos, the Tidemaker / 潮汐を作るもの、ロートス (5)(青)(青)(青)
伝説のクリーチャー — タコ(Octopus)

潮汐を作るもの、ロートスが攻撃するたび、パーマネントを最大8つまで対象とする。あなたは(8)を支払ってもよい。そうした場合、それらのパーマネントをタップする。それらのパーマネントは、それらのコントローラーの次のアンタップ・ステップの間にアンタップしない。

8/8


Sealock Monster / 海檻の怪物 (3)(青)(青)
クリーチャー — タコ(Octopus)

海檻の怪物は防御プレイヤーが島(Island)をコントロールしていないかぎり攻撃できない。
(5)(青)(青):怪物化3を行う。(このクリーチャーが怪物的でない場合、これの上に+1/+1カウンターを3個置く。これは怪物的になる。)
海檻の怪物が怪物的になったとき、土地1つを対象とする。それはそれの他のタイプに加えて島にもなる。

5/5

初出はスターター再録された大ダコ/Giant Octopus。大ダコの第9版での再録時やクリーチャー・タイプ大再編の際も生き残った。そして、ゼンディカーにおいて2体目のタコであり、初の伝説のタコである潮汐を作るもの、ロートス/Lorthos, the Tidemakerが登場した。さらにテーロス・ブロックで2体の新種が登場しており、今後も少数ながら取り扱われるようだ。

  • 第9版の時は、大ダコが入門者用スターターセットのみの収録だから再編の対象にならなかったのか、とも言われていた。実際、同じように入門者用スターターセットにしか出てこない珊瑚ウツボ/Coral Eelもマイナーなクリーチャー・タイプの長魚のままであった(そちらはクリーチャー・タイプ大再編でとなる)。

無色に存在する。

部族カードは、クラーケンリバイアサン海蛇と兼用で、ウーラの寺院の探索/Quest for Ula's Temple、および圧倒的な波/Whelming Waveが存在する。

タコ・トークンを生み出すカード深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths押し潰す触手/Crush of Tentaclesがある。トークンはいずれも青で、足の数にちなんでか、サイズは8/8。

伝説のタコは、潮汐を作るもの、ロートスのみ。

  • タコがいるのにイカは長い間クリーチャー・タイプとして存在しなかったが、クリーチャー・タイプ大再編で新設された。

[編集] 参考

QR Code.gif