新緑の魔力/Verdant Force

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Verdant Force / 新緑の魔力 (5)(緑)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

各アップキープの開始時に、緑の1/1の苗木(Saproling)クリーチャー・トークンを1体生成する。

7/7

7/7という巨大なサイズと強力なトークン生成能力とを併せ持つ優秀なファッティ自分ターンのみならず、ほかのプレイヤーアップキープにもトークンを生み出すため、通常の2人対戦では2個、多人数戦ならばさらに多くの1/1トークンを得られる、優秀なアドバンテージ・カード。

8マナ重いものの、本体が戦場に出たときのデメリットやアップキープ・コストを持たないため、マナ・コストを踏み倒すリアニメイトデッキで使用実績があった。また、クリーチャーを直接戦場に出せ自然の秩序/Natural Orderガイアの揺籃の地/Gaea's Cradleなどの爆発的なマナ加速が存在した時代には、その名を冠したシークレットフォースというデッキが存在した。

  • 多人数戦で使うと面白いくらいにトークンが増えるが、対戦相手全員から目の敵にされること請け合いである。
    • その活躍実績から、統率者戦をテーマにした統率者および統率者2013で各バリエーションが作られてサイクルとなった。初登場から16年もの歳月を経て完成したサイクルというのも珍しい。
  • 追われる足跡/Followed Footstepsをつけるとわけがわからないくらいトークンが増えるので、管理が非常に面倒になる。
  • テンペスト版のルール文章は、「あなたのコントロールの下で」という一文がなかったため、対戦相手のアップキープ時に戦場に出るトークンは対戦相手の物として出るようにも読めた。そのため、一時期、相手ターンに出たトークンは対戦相手の物として出る時期があった。現在のオラクルにもその一文はないが、特に指定がない限りトークンはそれを生成した呪文や能力のコントローラーのコントロール下で戦場に出るため、トークンは自分のコントロール下で戦場に出る。
  • かつて英語圏では "Best Fatty Ever Printed"(今までで最も素晴らしいファッティ)と呼ばれていた。今ではさらに強いファッティも増えたが、"BFEP" と言えば大抵はこいつのことである。
    • それほど評価が高いクリーチャーであったため、基本セットである第9版への再録が決定した際には話題を呼んだのだが、単体除去が多いのか周りのファッティが強すぎるのか、再録後は大きな活躍ができていない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

力/Forceのメガサイクル。いずれもトリプルシンボル8マナ7/7のエレメンタルで、各アップキープごとに誘発する誘発型能力を持つ。

[編集] 参考

QR Code.gif