Kjeldoran Outpost

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kjeldoran Outpost
土地

Kjeldoran Outpostが戦場に出る場合、代わりに平地(Plains)を1つ生け贄に捧げる。そうした場合、Kjeldoran Outpostを戦場に出す。そうしなかった場合、それをオーナーの墓地に置く。
(T):あなたのマナ・プールに(白)を加える。
(1)(白),(T):白の1/1の兵士(Soldier)クリーチャー・トークンを1体生成する。


アライアンス戦場に出る際に基本土地生け贄に捧げる基本でない土地サイクル版。兵士クリーチャートークンを生み出せる。サイクルの中では最も活躍したカード

戦場に出たときアドバンテージを失うものの、安いマナでトークンを生成できるため、一度回りだしてしまえば攻防に役立つ。土地なので打ち消すことができないのもパーミッション相手には大きな強み。このカードを中核としたカウンターポストは当時のスタンダードで猛威をふるった。

またハルマゲドン/Armageddonの入った白ウィニーにも、カウンター対策や後半の息切れ防止を兼ねて採用されていた。これには出てくるトークンが白なので、十字軍/Crusadeと相性がよいことも一因として挙げられるだろう。だが、世界選手権96を制した12KnightsにはKjeldoran Outpostが採用されている一方、十字軍は採用されていない。

露天鉱床/Strip Mine不毛の大地/Wastelandの狭間で活躍した、時代に愛された土地であった。テンペスト発売時に不毛の大地を見て「もう少しこれが早く出ていれば!」と歯噛みしたプレイヤーは多い。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

アライアンス基本土地に対応した土地サイクル戦場に出るに際し、対応する基本土地1つを生け贄に捧げる必要がある。

[編集] ストーリー

Kjeldoran Outpostキイェルドーの前哨地)は、キイェルドー/Kjeldor王国中に散在する前哨基地。飛空騎士/Skyknightの兵舎を備える場合もある。

前哨地の1つはダリアンの安息所/Darien's Roostとして知られる。

ビヤラング/Bjarlangの町の近くには間に合わせの前哨地が作られていたが、霧氷風教団/Rimewind Cultに操られた霧氷風オーロクスの群に粉々に踏み潰された。

[編集] 登場作品

[編集] 参考

QR Code.gif