ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Moorland Haunt / ムーアランドの憑依地
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(白)(青),(T),あなたの墓地にあるクリーチャー・カードを1枚追放する:飛行を持つ白の1/1のスピリット(Spirit)・クリーチャー・トークンを1体生成する。


実質3マナ飛行を持つ1/1のスピリットクリーチャートークン戦場に出せる土地都市の樹、ヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghazi, the City-Treeが実質5マナで1/1バニラ苗木・クリーチャー・トークンを戦場に出していたことを考えると、このカードの強さがわかるだろう。

しかし起動コストとして自分墓地のクリーチャー・カード追放する必要があり、クリーチャーを多く使うデッキでなければ有効に機能しないため、従来のトークンを生み出す土地のようにコントロール・デッキの勝ち手段として使うのには向いていない。ウィニーなどのビートダウン・デッキで、中盤以降の息切れ防止、全体除去後のリカバリーなどに使うとよいだろう。

これ1枚だけでかなりのアドバンテージを生み出せる強力カードであり、スタンダード白青ビートダウンなら入っていないデッキはないと言ってもよい。のどちらか単色で組めるデッキでも、この土地のためにもう1タッチすることさえ珍しくない。ただし、無色マナしか生み出せないためマナ基盤としては弱いこと、複数枚並べる必要性があまりないことから、枚数は抑え気味になることが多い。

リミテッドでももちろん優秀。ほぼ間違いなくクリーチャーを中心としたデッキとなるため起動コストには困らない。白か青のどちらかをメインカラーにしていたなら、タッチでもう1色を増やしてでもこのカードを使う価値がある。装備品などでサイズの小ささをサポートできるとなおよい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イニストラード・ブロックの、起動型能力を持つレア土地メガ・サイクル。2色マナタップ起動コストに持つ。

イニストラードの5枚は友好色で、各勢力種族の「住処」を示す。

闇の隆盛の2枚はを含む対抗色

アヴァシンの帰還の3枚は黒を含まない対抗色。

[編集] 参考

QR Code.gif