カー砦/Kher Keep

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kher Keep / カー砦
伝説の土地

(T):(◇)を加える。
(1)(赤),(T):《カー砦のコボルド/Kobolds of Kher Keep》という名前の、赤の0/1のコボルド(Kobold)・クリーチャー・トークンを1体生成する。


時のらせんらしく、レジェンド以来久しく出てこなかったコボルドに関係する土地

能力は《カー砦のコボルド/Kobolds of Kher Keep》というカード名を持つ、コボルド・クリーチャートークンの生成。0/1と貧弱なことこの上ないものの、実質3マナでトークンが生み出せるのはなかなか便利。そのままでもチャンプブロック要員にはなるし、また陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minionなどの毎ターンクリーチャーを要するカードの維持コストに充てるなど、さらなる有効活用手段も少なくない。

しかしいかんせんパワー0なので、Kjeldoran Outpost都市の樹、ヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghazi, the City-Treeとは似ても似つかない。むしろ迷惑エンジン/Nuisance Engineのほうが近いと言えるだろう。単体で性能を発揮できるカードではないため何らかのコンボで用いたいところだが、伝説の土地であるので1枚しか戦場に存在できず、通常1ターンにトークンを1体しか出せないのがネックか。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

時のらせんブロックの、各に対応した伝説の土地サイクルタイムシフトカードである。また以外は時のらせん、黒のみ次元の混乱に収録されている。

[編集] ストーリー

カー砦/Kher Keepドミナリア/Dominariaテリシア/Terisiare地方の山地帯カー峠/Kher Ridgesの南西に築かれたコボルドの砦である(イラストテリシア地図)。

近代までのいずれかの時点ではコボルドのロフガフフ/Rohgahhが支配していた。4650AR現在はドラゴンプローシュ/Prosshがカー地方に君臨し、砦のコボルドを使役している。

まだいたのか?! ゴキブリもついに敵とご対面か。
テフェリー

[編集] 参考

QR Code.gif