構築物

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

構築物/Constructは、クリーチャー・タイプの1つ。自律稼動する機械や人形。


Phyrexian Walker / ファイレクシアの歩行機械 (0)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

0/3


Triskelion / トリスケリオン (6)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

トリスケリオンはその上に+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
トリスケリオンから+1/+1カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。トリスケリオンは、それに1点のダメージを与える。

1/1


Torrential Gearhulk / 奔流の機械巨人 (4)(青)(青)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

瞬速
奔流の機械巨人が戦場に出たとき、あなたの墓地からインスタント・カード1枚を対象とする。あなたはそれを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。このターンにそのカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。

5/6

かつてアーティファクト・クリーチャーの大半はクリーチャー・タイプを持つことはなかった。しかし、「今後はクリーチャーには全てサブタイプを設定する」というR&Dの方針により、新たに生み出されたサブタイプ。

初めて登場したのは2006年1月のオラクル変更で、まずファイレクシアの略奪機/Phyrexian Marauderファイレクシアの歩行機械/Phyrexian Walkerに与えられた。クリーチャー・タイプとして初めてカードに印刷されたのはディセンション青銅の爆弾人形/Bronze Bombshellクリーチャー・タイプ大再編では、それまでクリーチャー・タイプを持たなかったアーティファクト・クリーチャーの多くが構築物となり、大きく数を増やした。

金屑の悪鬼/Slag Fiendを除き、全てがアーティファクト・クリーチャーである。

前述の理由のため、能力サイズに共通の特徴はほとんどなく、部族カードの類も存在しない。

構築物・トークンを出すカードには双子エンジン/Gemini Engine石の偶像の罠/Stone Idol Trapなどがある。(→トークン一覧

伝説の構築物はドミナリア現在、クルーグの災い魔、トラクソス/Traxos, Scourge of Kroogのみ。

[編集] 参考

QR Code.gif