騙し討ち/Sneak Attack

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sneak Attack / 騙し討ち (3)(赤)
エンチャント

(赤):あなたは、あなたの手札にあるクリーチャー・カードを1枚戦場に出してもよい。そのクリーチャーは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、そのクリーチャーを生け贄に捧げる。


普通に使ってもコンボで使っても優秀なエンチャントの1つ。赤マナ1点で、手札クリーチャーによる奇襲が行える。

ファッティで爽快なコンボを決めるのはデッキビルダー冥利に尽きる。実際、これをキーカードに据えたスニークアタックというデッキが存在する。ウルザ・ブロック構築では、セラのアバター/Serra Avatarとのコンボで一世を風靡した。

ウェザーシード・ツリーフォーク/Weatherseed Treefolkシヴのフェニックス/Shivan Phoenixなどの手札に戻ってくるクリーチャーと非常に相性が良い。さらにそれらを出して狂気の祭壇/Altar of Dementia生け贄に捧げるのを繰り返すと、みるみるうちにライブラリーが無くなっていく。魔術師の導師/Wizard Mentorがいると、使い捨てになるはずのクリーチャーを何度も使い回せるようになるので、出せるだけの赤マナを使ってなだれ乗り/Avalanche Ridersギトゥの投石戦士/Ghitu Slingerが手札と戦場を行ったり来たりして、戦場を蹂躙することもできる。基本セット2011タイタン・サイクルとも相性が良く、1ターンに2度能力誘発させられる。他にも優れたシナジーを形成するカードは枚挙に暇がない。

このように、組み合わせるカードによってコントロールライブラリー破壊土地破壊無限マナ無限ダメージなどさまざまなデッキ形態に変身できる。ある意味で何でもできる、どんな状況にも対応可能なデッキを作れるカード。

現在の主戦場はレガシー。一度攻撃させるだけで勝ちを決められる引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornが登場したことで、スニークアタックは一躍レガシーのトップメタにのし上がった。主にShow and Tellとのハイブリッドデッキであるスニーク・ショーが活躍している。第二候補は、以前はもっぱら大祖始/Progenitusだったが、グリセルブランド/Griselbrandの登場以降はそちらが使われる事も多い。

[編集] よく使われるクリーチャー

[編集] 参考

QR Code.gif