スニークアタック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

スニークアタック (Sneak Attack)は、その名の通り騙し討ち/Sneak Attackキーカードとしたデッキ

目次

[編集] 概要

騙し討ち/Sneak Attackにより、重さを無視してクリーチャー戦場に出し、一気に攻撃する。


Sneak Attack / 騙し討ち (3)(赤)
エンチャント

(赤):あなたは、あなたの手札にあるクリーチャー・カードを1枚戦場に出してもよい。そのクリーチャーは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、そのクリーチャーを生け贄に捧げる。


基本的にクリーチャーは1体ごとに1回しか攻撃できないので、回避能力などで貫通力のあるクリーチャーや、ETBまたはPIG能力を持つクリーチャー、サイズの非常に大きなクリーチャーが選ばれる。

再活性/Reanimateなどを擁するリアニメイトと比べ、マナ・コストによるデメリットは完全に無くなっている。代わりにクリーチャーにはより大きな爆発力が求められるのも事実。アップキープ・コストを持つものやセラのアバター/Serra Avatarなど、リアニメイトですら使えないようなクリーチャーも大いに選択肢に入ってくる。

[編集] ウルザ・ブロック期

ウルザ・ブロック構築および同時期のスタンダードで使用されたタイプは、キーカード騙し討ち/Sneak Attackサーチしてくるために、を混ぜて吸血の教示者/Vampiric Tutor悟りの教示者/Enlightened Tutorを使うのが一般的。アカデミーの学長/Academy Rectorも使える白が使われることが多い。


Academy Rector / アカデミーの学長 (3)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

アカデミーの学長が死亡したとき、あなたはアカデミーの学長を追放してもよい。そうした場合、あなたのライブラリーからエンチャント・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

1/2


Serra Avatar / セラのアバター (4)(白)(白)(白)
クリーチャー — アバター(Avatar)

セラのアバターのパワーとタフネスは、それぞれあなたのライフの総量に等しい。
セラのアバターがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、それをオーナーのライブラリーに加えたうえで切り直す。

*/*

魔術師の導師/Wizard Mentorクリーチャー回収できるようにしたものや、投げ飛ばし/Fling血まなこのサイクロプス/Bloodshot Cyclopsで本来の2倍のダメージ与えるようにしたものもある。

アカデミーの学長は、騙し討ちするのみならず、クリーチャー・カードを手札に集めるヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain戦場に出す手段としても使用される。確実に誘発させるために、騙し討ちや血まなこのサイクロプスのほか、定番のファイレクシアの塔/Phyrexian Towerも採用される。

サイドボードにはアカデミーの学長や悟りの教示者のサーチを利用して各種エンチャントを1枚挿すシルバーバレット戦略をとる。

[編集] スタンダード版

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (20) 1 スランの鋳造所/Thran Foundry
1 魔術師の導師/Wizard Mentor 1 呪われたトーテム像/Cursed Totem
4 アカデミーの学長/Academy Rector 4 防御の光網/Defense Grid
1 無限のワーム/Endless Wurm 1 緑の防御円/Circle of Protection: Green
3 血まなこのサイクロプス/Bloodshot Cyclops 1 赤の防御円/Circle of Protection: Red
4 火口の乱暴者/Crater Hellion 1 正義のオーラ/Righteous Aura
4 ファイレクシアの巨像/Phyrexian Colossus 1 秘儀の研究室/Arcane Laboratory
2 茨の精霊/Thorn Elemental 1 日中の光/Light of Day
1 セラのアバター/Serra Avatar 1 解呪/Disenchant
呪文 (17) 3 断層/Fault Line
4 厳かなモノリス/Grim Monolith
4 騙し討ち/Sneak Attack
1 ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain
4 ギャンブル/Gamble
4 悟りの教示者/Enlightened Tutor
土地 (23)
8 山/Mountain
5 平地/Plains
4 真鍮の都/City of Brass
3 ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower
3 リシャーダの港/Rishadan Port

[編集] ウルザ・ブロック構築版

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (19) 2 ケルドの蛮人/Keldon Vandals
4 アカデミーの学長/Academy Rector 3 オーラ泥棒/Aura Thief
4 火口の乱暴者/Crater Hellion 3 弧状の稲妻/Arc Lightning
2 無限のワーム/Endless Wurm 3 防御の光網/Defense Grid
2 魔術師の導師/Wizard Mentor 4 湯焼/Scald
2 血まなこのサイクロプス/Bloodshot Cyclops
2 ファイレクシアの巨像/Phyrexian Colossus
2 セラのアバター/Serra Avatar
1 茨の精霊/Thorn Elemental
呪文 (18)
4 厳かなモノリス/Grim Monolith
4 騙し討ち/Sneak Attack
4 ギャンブル/Gamble
3 解呪/Disenchant
2 補充/Replenish
1 ヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargain
土地 (22)
3 ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower
13 山/Mountain
6 平地/Plains


[編集] エクステンデッド

ラヴニカ:ギルドの都参入ローテーション以前のエクステンデッド環境にも存在した。特に、グランプリシアトル05で、藤田剛史氏が完全にメタ外であったこのデッキを「"Sneaky" Go Anan(騙し討ち/Sneak AttackGo Ananデッキ)」として持ち込み、ベスト8入りを果たしたことで有名になった。


Dragon Tyrant / ドラゴンの暴君 (8)(赤)(赤)
クリーチャー — ドラゴン(Dragon)

飛行、トランプル、二段攻撃
あなたのアップキープの開始時に、あなたが(赤)(赤)(赤)(赤)を支払わないかぎり、ドラゴンの暴君を生け贄に捧げる。
(赤):ドラゴンの暴君は、ターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。

6/6


Blazing Shoal / 猛火の群れ (X)(赤)(赤)
インスタント — 秘儀(Arcane)

あなたは、この呪文のマナ・コストを支払うのではなく、あなたの手札にある、点数で見たマナ・コストがXである赤のカードを1枚、追放することを選んでもよい。
クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+X/+0の修整を受ける。


スタンダード及びウルザ・ブロック構築仕様のものは2が主流だったのに対し、このデッキは単色型であり、共生のワーム/Symbiotic Wurmなどは完全に素出し不可能と割り切られている。サクリファイスランド煮えたぎる歌/Seething Songなどから高速で騙し討ちを戦場に出しドラゴンの暴君/Dragon Tyrantなど赤いファッティ猛火の群れ/Blazing Shoalを中心に素早く相手を沈める。

真髄の針/Pithing Needle1枚で止まってしまうなど弱点も明確。その対策と追加の騙し討ちを兼ねて裂け目の突破/Through the Breachがよく採用される。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (14) 4 紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar
4 ドラゴンの暴君/Dragon Tyrant 4 防御の光網/Defense Grid
3 共生のワーム/Symbiotic Wurm 2 最後の賭け/Final Fortune
1 セラのアバター/Serra Avatar 1 落盤/Cave-In
4 刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing 3 セラのアバター/Serra Avatar
2 火口の乱暴者/Crater Hellion 1 映し身人形/Duplicant
呪文 (28)
4 裂け目の突破/Through the Breach
4 金属モックス/Chrome Mox
4 猛火の群れ/Blazing Shoal
4 ギャンブル/Gamble
4 捨て身の儀式/Desperate Ritual
4 煮えたぎる歌/Seething Song
4 騙し討ち/Sneak Attack
土地 (18)
4 ドワーフ都市の廃墟/Dwarven Ruins
4 鋭き砂岩/Sandstone Needle
3 水晶鉱脈/Crystal Vein
3 裏切り者の都/City of Traitors
4 山/Mountain

[編集] レガシー

レガシーでは、赤単色で構成する場合と、赤と青の二色を中心に構成する場合がある。 細かい動きは異なるが、最終的にはいずれもコストを踏み倒してファッティを出して勝つ。

採用するクリーチャーにも差があるが、非常に強力な引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornグリセルブランド/Griselbrandはほとんどのケースで複数枚採用される。


Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール (15)
伝説のクリーチャー — エルドラージ(Eldrazi)

この呪文は打ち消されない。
あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンに続いて追加の1ターンを行う。
飛行、プロテクション(有色の呪文)、滅殺6
引き裂かれし永劫、エムラクールがいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれたとき、オーナーは自分の墓地を自分のライブラリーに加えて切り直す。

15/15

[編集] 赤単

エクステンデッド同様、マナ加速の上で騙し討ちと裂け目の突破を中心としたコスト踏み倒し戦術を取る。 レガシーでは古えの墳墓/Ancient Tomb裏切り者の都/City of Traitorsといったアンタップインの2マナ土地を使え、マナ加速が比較的容易な半面、妨害手段も極めて豊富なため、2マナ土地からすばやく虚空の杯/Chalice of the Void防御の光網/Defense Gridを展開して相手の妨害を受けづらくする。

[編集] 赤青

赤青構成では、Show and Tellに騙し討ちを組み込んだデッキが活躍している。


Show and Tell / 実物提示教育 (2)(青)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分の手札にあるアーティファクト・カードかクリーチャー・カードかエンチャント・カードか土地カードを1枚、戦場に出してもよい。


コスト踏み倒し方法が赤のエンチャントである騙し討ちと青のソーサリーである実物提示教育である都合、カード間の共通性が薄く、弱点を散らし易いのが利点。 その反面、騙し討ちと実物提示教育では効果が違うため、クリーチャーも両方に対応できるものに絞られるのが欠点。 詳細はスニーク・ショーを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif