大祖始/Progenitus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Progenitus / 大祖始 (白)(白)(青)(青)(黒)(黒)(赤)(赤)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — ハイドラ(Hydra) アバター(Avatar)

プロテクション(すべて)
大祖始がいずれかの領域からいずれかの墓地に置かれる場合、代わりに大祖始を公開しそれをオーナーのライブラリーに加えた上で切り直す。

10/10

派手なマナ・コスト能力サイズを持つ伝説のクリーチャーコンフラックス神話レア

中でも「プロテクション(すべて)」の能力は特に目を引く。これは「ブロックされないダメージを受けない、エンチャントされない、装備されない、城砦化されない、被覆」と言い換えることができる。戦場に出てしまえば神の怒り/Wrath of Godなどの全体除去布告除去くらいでしか対処できず、2回殴れゲームを決められる強力なフィニッシャーといえる。

マナ・コスト重さサイズの大きさ、戦場に出た後の対処の難しさ、リアニメイトの難しさなどダークスティールの巨像/Darksteel Colossusと共通点が多い。 差異としては、

まさに一長一短であるが、運用方法はダークスティールの巨像のように墓地以外から直接戦場に出す形となるであろう。スタンダードならばエルフの笛吹き/Elvish Piperが候補に挙がる。

エターナルでは既存ののクリーチャーを含むデッキが自然の秩序/Natural Orderから戦場に出してくることが多い。これを除去できるようなカードは大抵重くて使われないため、勝負の決定打になることも多く、またその割には緑のクリーチャーデッキならば仕込む必要があるのは大祖始1枚と自然の秩序だけ、という手軽さも大きい。この場合、ライブラリーに戻る能力もメリットとなる。このギミックを積んだデッキは、「Pro」の接頭語が付くことが多い。→バントアグロ

モダンでは青単感染猛火の群れ/Blazing Shoal(現在は禁止カード)の餌として使われた。でもあるので召喚士の契約/Summoner's Pactからサーチできるのが強み。

[編集] 関連カード

大祖始の名を冠するカード。カード名を意外と間違えやすいのだが、「始祖」ではなく、「祖始」という造語である。

[編集] 参考

QR Code.gif