黒赤

提供:MTG Wiki

赤黒から転送)
移動: 案内, 検索

黒赤(Black-Red)は、マジックにおける色の組み合わせのうち、の組み合わせのことである。略式表記BR


Terminate / 終止 (黒)(赤)
インスタント

クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。それは再生できない。



Rakdos's Return / ラクドスの復活 (X)(黒)(赤)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。ラクドスの復活はそのプレイヤーにX点のダメージを与える。そのプレイヤーはカードをX枚捨てる。


[編集] 概要

黒赤のデッキは双方の良質な除去スーサイド色の強いクリーチャーを組み合わせることで圧倒的な攻撃力を得られることが多い。また、その割に手札破壊土地破壊などコントロール能力も高いのも特徴。反面、両色で得意な分野(赤の火力と黒の除去)、苦手な分野(エンチャント除去、対プロテクション、対象牙の仮面/Ivory Mask系のプレイヤー保護)が被ってしまっているため、友好色であるにもかかわらず多色デッキの柔軟性を発揮できない場合が多い。特に共通の対抗色であり、強力なプロテクションエンチャントを擁するに対しては、対策カード1枚を投入されるだけで封殺されてしまう場合もある。

カードプールの狭いスタンダードなどでは、双方の良質なカードをかき集めるメリットは大きく、トーナメントシーンでもしばしば登場する。基本的にはメタゲームを読んだ尖った構成となることが多く、うまくメタと合致した時はトーナメントの上位に食い込むこともある。その代表的な例が、コントロールを備えた高速ビートダウンデッキであるマシーンヘッドであり、世界選手権01を制すことになった。他方、尖った構成に加え、色の組み合わせとしても上述のように対策がしやすいため、メタられたり環境が変化したりすると一気に衰退してしまうことも多い。良くも悪くもメタに左右されやすい組み合わせといえる。

カードプールの広いモダンエターナルになると、多色の柔軟性を発揮できないこの2色のみでデッキを構築をするメリットは少なく、大抵はを追加し柔軟性に富んた構成となる。

黒赤の多色カードパワー偏重でブロックできないなど単色の時以上に前のめりなクリーチャー、強力なクリーチャー除去、リアニメイト速攻や手札破壊とダメージの組み合わせになることが多い。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

単色 - - - -
多色
()
2色 友好色白青 - 青黒 - 黒赤 - 赤緑 - 緑白
対抗色白黒 - 青赤 - 黒緑 - 赤白 - 緑青
3色 弧(こ)白青黒 - 青黒赤 - 黒赤緑 - 赤緑白 - 緑白青
楔(くさび)白黒赤 - 青赤緑 - 黒緑白 - 赤白青 - 緑青黒
4色 白青黒赤 - 青黒赤緑 - 黒赤緑白 - 赤緑白青 - 緑白青黒
5色 白青黒赤緑
銀枠専用 ピンク - - 目の色
色の関係 色の組み合わせ - 友好色 - 対抗色 - カラーパイ - 色の役割
関連項目 無色 - 有色 - 単色カード - 多色カード - 色指標 - 固有色 - デッキカラー
QR Code.gif