セラの報復者/Serra Avenger

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Serra Avenger / セラの報復者 (白)(白)
クリーチャー — 天使(Angel)

あなたはこの呪文を、このゲームのあなたの第一、第二、第三のターンに唱えられない。
飛行
警戒(このクリーチャーは攻撃してもタップしない。)

3/3

自分の1~3ターン目には唱えられないという、非常に変わったキャスト制限能力を持つ天使

飛行警戒持ちの2マナ3/3と、ダブルシンボルながらも5マナのAngel of Lightと同等の性能を持つ。だいたい4マナクラスの性能であり、そのコスト・パフォーマンスは抜群に良い。デメリットが気になるように見えるが、そもそも4マナ級のクリーチャーなのだから、それが4ターン目以降にしか召喚できないことは当然といえば当然である。ウィニーのような土地を切り詰めたデッキでは4ターン目に確実に土地を4つ置けるとは限らないため、そういう意味でも4マナ相当のクリーチャーを確実に出すことができるのはありがたい。

ゲーム中盤でのテンポが非常に良く、余ったマナを有効に使えるデッキや、クロック・パーミッションのようにマナを残すことに意味のあるデッキと相性の良いカードと言える。

2マナ域が厚く、これよりも早く展開したい2マナクリーチャーが多い時のらせんブロック構築白ウィニーや、墓地対策装備品を優先的に展開するエターナルエンジェル・ストンピィ系のデッキで活躍している。特にエターナルでは相性の良い霊気の薬瓶/AEther Vialの存在も大きい。

  • あなた第1~3ターン目に唱えられないだけなので、斥候の警告/Scout's Warning魔の魅惑/Alurenなど、何らかの効果によって対戦相手の1~3ターン目に唱えることは可能である。
  • 何らかの効果によりあなたの第1~3ターン目のいずれかが飛ばされた場合、その飛ばされたターンはカウントされない。ターンを飛ばす効果は「ターンを行う代わりに、何もしない」効果であり、それは存在しないと同義である。
  • 何らかの効果により、あなたの第2・第3ターン目よりも前に他のプレイヤー追加のターンを得ても、これには何も影響しない。実際にあなたが何ターン実行したかのみを数える。
  • 2006年度都道府県選手権でベスト8賞としてCHAMPSプロモバージョンが配布された。
  • セラ/Serraは元々"serrated"(鋸状の、ギザギザの)に由来し、セラの天使/Serra Angelではイラストでギザギザの剣が描かれるはずが行き違いでそうならなかったという経緯がある。これに端を発してか、これのイラストにはギザギザの剣が描かれている。

[編集] 参考

QR Code.gif