対象の変更

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

対象の変更Change the Target)とは、対象をとる呪文能力の対象を元々指定されていたものから別のものに変えることである。


Deflection / 偏向 (3)(青)
インスタント

単一の対象を取る呪文1つを対象とし、その対象を変更する。



Redirect / 移し変え (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とする。あなたはそれの新たな対象を選んでもよい。


目次

[編集] ルール

変更先の対象は、対象を変更させる呪文や能力の解決時に選ぶ。

変更後の対象に指定できるのは、対象を変更したい呪文や能力が対象に取れるものだけであり、不正な対象を選ぶことはできない。対象を変更したい呪文や能力がモードを持つものの場合、モードは変更されないため、選ばれたモードで対象に取れないものは指定できない。また、対象の数を変えることもできない。対象にダメージカウンターを分配する呪文や能力の場合、その分配方法や対象の数を変更する事はできない。

ルール文章の書き方によって処理が少しずつ異なる。

  1. その(それらの)対象を変更する/change the target(s)
    • 変更する先として、変更前とは別の適正な対象を選ばなくてはならない。
    • 対象を変更する場合、変更後にそのすべてが適正な別の対象になっていなくてはならない。それができないのならば、一切対象を変更することはできない。
  2. 対象1つを変更する/change a target
    • 基本的には1と同じ処理だが、変更できる対象は1つだけである。それ以外の対象は変更しない。
  3. 任意の対象を変更する/change any targets
    • 基本的には1と同じ処理だが、「対象のうち一部を変更しない」ことを選べる。
    • 変更しない対象は不正な対象でもかまわない。
  4. 新しい対象を選ぶ/choose new targets
    • 任意の数の対象について「対象をそのままにする」という選択ができる。それが不正な対象であってもかまわない。
    • 新たに選ぶ対象については、適正な対象でなくてはならず、そのまま残した対象を不正にさせてはいけない。1-3とは違い、元の対象と同じ対象を選んでもよい。
      • 例:「プレイヤー1人」と「そのプレイヤーがコントロールするクリーチャー1体」を対象とする焼尽の猛火/Searing Blazeの新しい対象を(元の対象がすべて適正な状態で)選ぶ場合、「そのプレイヤーがコントロールするクリーチャー1体」をそのままに「プレイヤー1人」を別のプレイヤーに選び直すことはできない。その変更により、もう一方の対象が不正な対象となるからである。
      • 以前は新たに選ぶ対象のみのチェックしかしておらず、新たに対象を選ぶことで残した対象を不正にすることが可能であった。この挙動の奇妙さを和らげるため、2011年2月の総合ルール更新でそのまま残した対象もチェックするように拡張された。

[編集] 色の役割

対象を変更する効果を生み出すカードに多く、中でも偏向/Deflection第5版から第8版までの間基本セットに収録され続けてきた。しかし、近年ではに増えており、さらに偏向が第9版再録されなかった上に分流/Shunt第10版に再録されるなど、一時期は対象の変更を担当するが青から赤に変わっていた。だが、その後基本セット2011では移し変え/Redirectが収録されており、現在では青と赤の両色の担当といえる。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif