接合

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
接合/Modular
種別 常在型能力誘発型能力
登場セット ダークスティール
フィフス・ドーン
モダンホライゾン
モダンホライゾン2
CR CR:702.43

接合(せつごう)/Modularは、ミラディン・ブロックで初登場したキーワード能力。これを持つパーマネント戦場に出る際に機能する常在型能力置換効果)と、戦場から墓地に置かれたときに機能する誘発型能力からなる。


Arcbound Worker / 電結の働き手 (1)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

接合1(このクリーチャーは+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。これが死亡したとき、アーティファクト・クリーチャー1体を対象とする。あなたはこれの+1/+1カウンターをすべてそれの上に置いてもよい。)

0/0

[編集] 定義

接合 N/Modular Nは以下の2つの能力からなる。

[編集] 解説

壊れたアーティファクト・クリーチャーの部品を他のアーティファクト・クリーチャーへ流用させるフレイバーのキーワード能力。

ミラディン・ブロックモダンホライゾンではこの能力を持つカードはすべてアーティファクト・クリーチャーで、P/Tは0/0である。モダンホライゾン2ではに割り振られ、0/0以外のサイズも登場したほか初の非クリーチャー・パーマネントの接合持ちである魔力倉庫/Power Depotが登場した。

接合を強化するカードとして微光蜂、ザーバス/Zabaz, the Glimmerwaspが存在する。

[編集] ルール

  • あるパーマネントが複数の接合を持つなら、それらは個別に機能する。
  • 適正な対象を選べるなら、+1/+1カウンターを置かないつもりでも必ず対象を選ばなくてはいけない。
  • 接合を持つクリーチャーに-1/-1カウンターが置かれ、それによってタフネスが0以下になって死亡した場合、接合能力は-1/-1カウンターと+1/+1カウンターの相殺がされていない状態の+1/+1カウンターの数のぶんだけ+1/+1カウンターを置く。これはタフネスが0以下になることによるクリーチャーの死亡と、+1/+1カウンターと-1/-1カウンターの相殺がどちらも状況起因処理であり同時に起こることによる。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20211119.1

QR Code.gif