トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Leovold, Emissary of Trest / トレストの使者、レオヴォルド (黒)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) アドバイザー(Advisor)

各ターン、各対戦相手はそれぞれカードを2枚以上引くことができない。
あなたかあなたがコントロールするパーマネントが、対戦相手がコントロールする呪文か能力の対象になるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。

3/3

コンスピラシー:王位争奪で登場した伝説のエルフアドバイザー

1つ目の能力は、対戦相手のみ過剰なドローを禁止する。対戦相手が統治者になっても無意味にできるほか、Timetwister系リセットドローと相性が良い。自分だけ消耗した手札をリセットしつつ、対戦相手の手札を1枚にすれば悶絶もののアドバンテージを得られる。

2つ目の能力は擬似的な除去耐性。範囲がすべてのパーマネントプレイヤーまで及ぶので、タッパー本体火力まで使うことをためらわせることができる。

レガシーでは各種手札破壊渦まく知識/Brainstormリシャーダの港/Rishadan Port、果てはレオヴォルド自身へのカラカス/Karakasなど、かなり広範囲に対する対策になる。環境柄黒緑青という色も優秀。さらに強力なドローの跋扈するヴィンテージにおいてもMoxなどのサポートで使われる。環境柄クリーチャーへの全体除去をほぼ見ないので、出てしまえばほぼ確実にアドバンテージを得ることが出来る。特にストームデッキのフィニッシャーに使われることの多い苦悶の触手/Tendrils of Agonyに対しては、ストームが解決されて大量の呪文のコピーが生成されると、それらが解決される前に大量のドローが行えるため相性が良い。精神壊しの罠/Mindbreak Trapを引ければまとめて対処できるし、ストーム数がぎりぎりなら意志の力/Force of Willなどでも助かるかもしれない。

[編集] ストーリー

レオヴォルド/Leovoldは都市国家トレスト/Trestからパリアノ/Palianoに派遣されたエルフの大使。随員たちを用いて諜報活動を行いながら、パリアノの権力争いを楽しんでいる。

詳細はレオヴォルド/Leovoldを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif