姿奪い、ヴォルラス/Volrath, the Shapestealer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Volrath, the Shapestealer / 姿奪い、ヴォルラス (2)(黒)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — 多相の戦士(Shapeshifter)

あなたのターンの戦闘の開始時に、クリーチャー最大1体を対象とし、それの上に-1/-1カウンターを1個置く。
(1):あなたの次のターンまで、カウンターが置かれているクリーチャー1体を対象とする。姿奪い、ヴォルラスは、7/5でありこの能力を持つことを除きそれのコピーになる。

7/5

ウェザーライト・サーガ序盤の黒幕であるヴォルラス/Volrathが再度のカード化。-1/-1カウンタークリーチャーを弱体化させる能力と、カウンターが置かれたクリーチャーに化ける能力を持つ伝説の多相の戦士

未評価カードです
このカード「姿奪い、ヴォルラス/Volrath, the Shapestealer」はまだカード個別の評価が行われていません。評価の執筆をして下さる方を求めています。
  • 評価を追加する前に、必ずMTG Wiki:利用者への呼びかけを熟読してください。
  • 「酷評のみ」、または「極端に短い文章だけ」や「見たままを書いただけ」の評価は禁止されています。
  • 各種用語(「クリーチャー」「除去」など(詳しくは用語集を参照))には[[]]でリンクを張ってください。自動では付きません。同じ語は貼らなくてもかまいません。
  • 評価を追加した後は、このテンプレートは削除しておいてください。

[編集] ルール

  • コピー能力コピー可能な値のみをコピーする。コピー元のクリーチャーがタップ状態か、攻撃ブロックしているか、オーラ装備品ついているか、カウンターが置かれているか、その他コピー効果以外の継続的効果による特性の変化などはコピーされない。
  • 逆にヴォルラスの上記の状態は、コピーになる前と変わらず保持される。
  • 新たに戦場に出るわけでは無いので、コピー元のクリーチャーの「戦場に出る際、~~する」、「~~の状態で戦場に出る」や「~~として戦場に出る」という常在型能力、「(自身のカード名)が戦場に出るたび」という誘発型能力は機能しない。
  • コピーするクリーチャーの「(自身のカード名)が死亡するたび」「(自身のカード名)が戦場から離れるたび」という誘発型能力も機能する。(領域変更誘発)(CR:603.6d)
  • 自分コントロールする伝説のクリーチャーをコピーした場合、同名の伝説のパーマネントを2体コントロールしていることなり、レジェンド・ルールが適用される。
  • コピー効果以外でクリーチャー化している非クリーチャー・カードを選んだ場合、ヴォルラスはクリーチャーでなくなる。それが戦闘に参加していたなら、戦闘から取り除かれる(CR:506.4)。
    • 非クリーチャー・パーマネントになっても、7/5というP/Tは持つ。ただし非クリーチャー・パーマネントである間それが参照されることはない(CR:208.3)。通常クリーチャー化の継続的効果は新たに基本のP/Tを与えるが、搭乗によってクリーチャー化すれば7/5のままクリーチャー化することができる。
  • 7/5であることとコピー化能力を持つことはコピー効果の一部のため、それはヴォルラスのコピー可能な値となる。何かのコピーになっているヴォルラスをさらに他のオブジェクトがコピーするなら、それらの特性を含めてコピーする。
  • あなたがヴォルラスを統率者として指定しているなら、ヴォルラスが何かのコピーになってもそれが統率者であることは変わらない。それが与えるダメージは統率者ダメージとしてカウントされ、戦場から移動する場合は代わりに統率領域へ置いてもよい。

[編集] 関連カード

[編集] 開発秘話

ヴォルラスというキャラクターの青黒だが、Glenn Jonesはこのカード匿名の威圧/Faceless Menace統率者にもできるようにしたかった。Glennはヴォルラスの生みの親の一人であるMark Rosewater黒緑青は人物像に合うかと尋ね、Markは運良く合うと答えた。ヴォルラスには生物を実験して「進化」させようとするシミック連合/The Simic Combine的な側面があり、3色目を加えるとしたらはかなり筋が通っていたのだ[1]

[編集] ストーリー

詳細はヴォルラス/Volrathを参照。

[編集] 脚注

  1. Need I Say Morph/その話はこのヘン(イ)でMaking Magic 2019年8月5日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif