地獄界の夢/Underworld Dreams

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Underworld Dreams / 地獄界の夢 (黒)(黒)(黒)
エンチャント

対戦相手がカードを1枚引くたび、地獄界の夢はそのプレイヤーに1点のダメージを与える。


対戦相手カード引くたびにダメージ与えるエンチャント第8版以降何度か基本セット再録されている、レジェンドでも有数の強力カードである。

カードを引かないデッキはほとんど存在しないため、ただ置くだけでも十分強いが、ドロー呪文を多用するコントロールデッキに対して大きな圧力をかけることができる。

テフェリーの細工箱/Teferi's Puzzle Box真実を捻じ曲げるもの、逝斬/Seizan, Perverter of Truthなどでドローの回数を強制的に増やせば、相手の顔色を真っ青にできる凶悪コンボが完成する(→ドリームボックス)。

かつてはタイプ1タイプ1.5制限禁止となっていたが、現在では普通に4枚使うことができる。その上、上記の通り基本セットにて再録され、さらにはテーマデッキ入りまで果たすという遍歴を持つこととなった。ただ、テーマデッキ入りが仇となったか、シングルカードの値段はレジェンド当時から暴落している。

眠気を誘うような思考の洞窟の暗い奥で、夢は日中の様々なものが落としていった欠片から巣をつくるのだ。
ラビンドラナート・タゴール

1994年8月1日、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードタイプ1.5禁止カードに指定されるが、1999年10月1日にそれぞれ解除される。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

特筆の無い限り黒単色のカードである。

[編集] 自分にも影響するカード

[編集] 参考

QR Code.gif