The Great Designer Search 2

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


The Great Designer Search 2とは、2010年から2011年にかけ行われた、開発者オーディション企画『The Great Designer Search』の第2弾である。

目次

[編集] 予選

予選は10月6日に開始。1120人が参加した。

1次予選は10の記述式問題(論述問題/The Great Designer Search 2: Essay Questions)。790人が合格。

2次予選は多肢選択式問題(選択問題/A Few Multiple-Choice Words)を行い、101人が合格。

3次予選はカードセットの設計とそのプレビューカードを求めた。([1]

[編集] 本選

11月3日に本選に参加する8人が発表された(A Few Multiple-Choice Words)。レギュラー審査員はMark RosewaterKen Nagle

[編集] 第1回:"Common Ground"

第1回は11月10日から開催。(参考) 自分のセットにおいて、任意の色1色のコモン18枚をデザインする内容。

ゲスト審査員はAaron ForsytheMatt Tabak

[編集] 第2回:"Second Time's the Charm"

第2回は11月24日から開催。(参考) 自分のセットにおいて、別の色1色のコモン18枚とエキスパンション名・キャッチコピーをデザインする内容。

ゲスト審査員はMark GottliebZac Hill

[編集] 第3回:"Trading Places"

第3回は12月8日から開催。(参考) 自分のセットと相手のセットを互いに交換し、その中のサイクルを3つのレアリティ別にデザインする内容。

ゲスト審査員はBrian TinsmanBrady Dommermuth

[編集] 第4回:"Introductions Please"

第4回は12月22日から開催。(参考) 自分のセットにおいて、封入されるブースターパック内の内容をデザインする。

ゲスト審査員はMark GlobusMark Purvis

[編集] 第5回:"Booster Shot"

第5回は1月12日から開催。(参考) 自分のセットにおいての、エントリーセットの内容をデザインする。

ゲスト審査員はGraeme HopkinsTom LaPille

[編集] ファイナル

決勝は3月7日にウィザーズ社本社で行われた。 まず、R&Dの見学を行い、前回の勝者、Ken Nagleとのカード知識対決を行った。 昼食の後、最終課題を出題する。

課題内容は、未来予知タイムシフトである蒸気打ちの親分/Steamflogger Bossの代用を作るというものだった。

結果、Ethan Fleischerが優勝した。

[編集] その後

優勝したEthanと惜しくも優勝を逃したShawn Mainは早速ギルド門侵犯のデザインチームに加わった。

GDS2に提出したFleischerの「Evolve」とMainの「Assault」のメカニズムがそれぞれ進化大隊として実物化している。

[編集] 本選出場者一覧

出場者 アイコン Ep.1 Ep.2 Ep.3 Ep.4 Ep.5 Final
Ethan Fleischer 瞑想/Meditate 通過 通過 通過 通過 通過 優勝
Jonathon Loucks その場しのぎの人形/Makeshift Mannequin 通過 通過 通過 脱落
Shawn Main アトガトグ/Atogatog 通過 通過 通過 通過 通過 脱落
Devon Rule ギトゥのジョイラ/Jhoira of the Ghitu 通過 通過 通過 通過 通過 脱落
Jay Treat ツリーフォークの先触れ/Treefolk Harbinger 脱落
Scott Van Essen 放蕩魔術師/Prodigal Sorcerer 通過 通過 通過 通過 脱落
Daniel Williams 梅澤俊郎/Toshiro Umezawa 通過 脱落
Jonathan Woodward カメレオンの巨像/Chameleon Colossus 通過 通過 脱落

[編集] 参考

QR Code.gif