イニストラード・ブロック構築

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

イニストラード・ブロック構築/Innistrad Block Constructedは、イニストラード闇の隆盛アヴァシンの帰還に含まれるカードのみでデッキを構築するフォーマット。アヴァシンの帰還も大型エキスパンションであることから、Innistrad-Avacyn Restored Block Constructedとも呼ばれる。

目次

[編集] 概要

対抗色M10ランドサイクル進化する未開地/Evolving Wildsの存在から、デッキ単色よりも多色の傾向が強い。特にを用いる場合は、アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim国境地帯のレインジャー/Borderland Rangerを使えることから、3にされることもしばしば。クリーチャーを多用するデッキでは魂の洞窟/Cavern of Soulsの存在も大きい。

デッキタイプとしてはビートダウンが優勢であり、特に環境随一のパワーカードであるウルフィーの銀心/Wolfir Silverheartの存在と安定したマナ基盤に支えられた緑系ビートダウンの勢いが強い。そのほかには、魂の洞窟を最大限に活用できる人間デッキメタゲームの一角に位置している。

コントロールデッキは数が少ないが、環境が遅めであることを意識した低速コントロールである青白奇跡コントロールが存在している。

掘葬の儀式/Unburial Rites栄光の目覚めの天使/Angel of Glory's Riseを利用したリアニメイトも存在する。栄光の目覚めの天使+悪鬼の狩人/Fiend Hunterファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat無限強化コンボも強みの一つ。

[編集] 禁止カード

2012年4月2日(Magic Onlineでは同年3月28日)より

[編集] 代表的なデッキ

[編集] ビートダウン

[編集] コントロール

[編集] コンボ

[編集] 代表的な大会と優勝者の使用デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif