無作為に

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無作為に/randomとは、文字通りの「作為が無い」という意味である。日常あまり使われない言葉なので戸惑う人もいるようだが、「ランダム」と言い換えれば理解できるだろう。


Mind Twist / 精神錯乱 (X)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードをX枚、無作為に選んで捨てる。



Goblin Test Pilot / ゴブリンの試験操縦士 (1)(青)(赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 操縦士(Pilot) ウィザード(Wizard)

飛行
(T):クリーチャー1体かプレイヤー1人を無作為に選んで対象とする。ゴブリンの試験操縦士はそれに2点のダメージを与える。

0/2

「無作為に選ぶ」と言った場合、それは「選択肢すべての選ばれる確率を等しくしたうえで、どのプレイヤーの意思も入れずに選ぶ」を意味する。乱数を発生させるために、サイコロコインなどいかなる方法を使ってもよい。

数学的な意味で厳密に「無作為に」することは非常に難しく、不可能とすら言ってもよい。とはいえそこまでこだわっていてはゲームができないので、実用上公平かつ結果が予測できない状態になっていれば問題とはされない。

  • 例えばサイコロを使うとしても、その道具の固有のクセが必ず存在するので、完全に6分の1になるとは限らない。
  • 機械的な乱数発生装置を使うとしても、そのプログラムにもまたクセがあるため、高度な計算をすれば次に出る数値を逆算することもできてしまう(質の低いプログラムだと、特定のタイミングで必ず同じ数値が出てしまうものすらある)。
  • 道具を用いて選ぶのが確実だが、わざわざ用意するのが面倒。内容が見えない状態にして対戦相手に選んでもらう、など、手間が軽減できる方法を用いるほうが一般的と言える。しかし性質上イカサマの恐れが常にある問題なので、大会などではジャッジを呼んで処理を手伝ってもらうことも検討したい。

いうまでもないが、細工された道具を使用したり、数字のトリックを使い「一見公平に見えるが、実は特定の選択肢が選ばれる確率が高い」という方法をとることは不正行為であり、トーナメントではルール適用度が低い場合でも失格処分を含む懲罰が下される。

[編集] 無作為に選ぶやり方の一例

  • 手札を選ぶ
    • (トランプの「ババ抜き」の要領で)手札を見せないようにし、対戦相手に1枚選ばせる方法。その直前に手札の順番を並び替えることも多い。
      • なお、この操作の際に妙な念や気合を入れる人も少なくない。
    • 手札それぞれに番号を割り振り、サイコロなどで選ぶ方法。手札の一部を公開したまま無作為に選ばないといけない場合に有効(例えば捨て身の狂乱/Desperate Ravings奇跡を満たしたときなど)。
  • パーマネントを選ぶ
    • パーマネント・カードをすべてまとめてひとつの束にして、(ライブラリーを切り直し引く要領で)上からめくる方法。一番簡単で、また連続して複数枚選ぶケースにも対応できる方法だが、位相タップ状態/アンタップ状態反転か否かなど)やカウンターの状況が分からなくなる可能性がある。また、トークン裏向きのパーマネント・両面カードなどが混じっている場合には、チェックリストカードのような代用カードを用意する必要がある。
    • パーマネントそれぞれに番号を割り振り、サイコロなどで選ぶ方法。確実だが、手札に比べて数が多くなるため、場合によっては20面ダイスでも足りない恐れがある。トランプなどを用意する必要があるだろう。
  • 墓地のカードを選ぶ
    • すべて裏向きにして切り直し、1枚めくる方法。一番簡単だが、ウルザ・ブロック以前のカードが使用できるフォーマットでは墓地の順番を変えてはいけないため、この方法は使えない。
    • サイコロなどで選ぶ方法。ただしこれもパーマネントと同様に数が多くなりがち。

[編集] 比較的多くの中から無作為に選ぶ方法の例

数が少ない(6以下)の場合は、6面ダイスを用いるのが一番簡単かつ確実。ここでは、それ以上の大きな数を選ぶ場合の例を挙げる。

  • トランプなどを使う
    • 枚数調節も容易で、またもともと無作為にシャッフルして使う用に作られているものであるため、特別な工夫などが必要ない手軽さも利点。
  • 多面ダイスを使う
    • 10面ダイス、12面ダイス、20面ダイスなど、さまざまなものが入手できる。中には100面ダイスなどというものまである。
      • ファットパックには20面ダイス型ライフカウンターが封入されているが、ダイス代わりの使用は避けたほうが無難。ライフカウンターとして使う性質上高い値や低い値の出る面が1カ所に集中しているため、目の操作が通常のダイスより容易に行えてしまう。
  • 複数の色違いのダイスを使う(もしくは同じダイスを複数回振る)
    • 例えば、色違いの6面ダイス2個を振った場合、6×6=36通りの出目がそれぞれ均等な確率で出現する。
    • 出目に関しては6通りだけでなく、「偶数と奇数」もしくは「1-3、4-6」の2通り、「1-2、3-4、5-6」の3通りにも分けることができるので、ダイスAは偶数奇数の2通り、ダイスBは通常の6通りで見るとすれば、2×6=12通りの出目が均等な確率で出現する。また出た目の合計が偶数か奇数かの確率も均等である(いわゆる丁半)。この応用で、2通り・4通り・6通り・9通り・12通り・18通り・36通りならば、2個のダイスの1振りで求められる(2通りと6通りはダイス1個でも求められるが)。
      • さらに応用すれば、6面ダイス1個と10面ダイス1個で最大60通り、10面ダイス2個で最大100通り、6面ダイス3個ならば最大216通りまで求められ、ダイスの面数や個数を増やせばさらに大きな数にも対応できる。もっとも計算がややこしくなるだけなので、実用性を考えればそこまでダイスにこだわる必要はない。
    • 上記の組み合わせピッタリではない半端な個数の場合は、例えば5個なら「1~5はそれぞれに対応、6が出たら振り直し」というようなやり方で対応可能。ただしこのやり方は、小さい数ならまだよいが、大きな数になればなるほど振り直しの目の確率も大きくなりがち。
    • ちなみに「ダイスを複数振って出た目を単純に合計する」という方法はやってはいけない。例えば6面ダイス2個の場合、7になる確率が一番高くなってしまい、無作為の定義である「選択肢すべての選ばれる確率が等しい」を満たさなくなる。
  • パソコンやスマートフォンなどを利用して、乱数生成用のプログラムを使う。
    • 非常に手軽かつ確実であるため、カジュアルプレイであればもっとも有用な方法だろう。ライフカウンターの機能を兼ねているものなど、便利なアプリが複数存在する。
      • 当然ながら、ランダムに見せかけて実は数字が操作できたりするイカサマのプログラムは使ってはいけない。
    • 2014年5月のマジック・イベント規定改定によって、競技以上のルール適用度では電子機器の使用は全面禁止されている。競技環境でプレイすることが多いプレイヤーなら、普段のカジュアルプレイから電子機器を使わない方法を練習しておきたい。

[編集] 参考

QR Code.gif