マナ・バーン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ・バーン/Mana Burnは、フェイズの終了時にマナが残っていたことによって発生するライフの損失を意味するルール用語。基本セット2010導入時のルール変更により廃止され、現在は廃語である。

目次

[編集] 解説

フェイズの終了時に、各プレイヤーマナ・プールに残っている未使用のマナは失われる。この方法で失われたマナ1点ごとに、そのプレイヤーは1点のライフを失う。このライフの損失を「マナ・バーン」と呼ぶ。これはダメージではないので軽減はできない。また、マナ・バーンは自動的に適用されるが、これはゲームの行動(現在のターン起因処理)であり、状況起因処理ではない。

[編集] マナ・バーンに関する状況・戦術

対戦中、ウルザランド印鑑のような、一度に複数のマナを生み出すカードを使った場合、余った分を使い切れずマナ・バーンすることはよくあった。まれに、計算違いや間抜けな行動の結果、起こしてしまうことも。日本選手権00では、小宮忠義防御の光網/Defense Gridによる追加コストを(2)と勘違いしたためにマナ・バーンを起こした。しかし、The Finals98の準決勝最終戦では対戦相手である藤野公裕がマナ・バーンで敗北し、決勝へ駒を進めることができた。

また、対戦相手のマナ・プールにマナを加えることのできるエラダムリーのぶどう園/Eladamri's Vineyard幽体の照明灯/Spectral Searchlightなどのカードで、積極的に相手のマナ・バーンを狙うこともできた。

[編集] マナ・バーン廃止によって性能が変わるカード

[編集] その他

  • マナ・バーンが無くなったことで、土地破壊に対応して、その土地から(使う当てが無くても)マナを浮かせておくことがノーリスクのブラフとなるため、当然のプレイングになった。
  • 投了の代わりにわざとマナ・バーンを起こし、自殺するプレイヤーがよくいた。マナーに厳しいプレイヤーの一部には「対戦相手に失礼だ」という意見があった。
  • 同名のマジックの情報誌がホビージャパンから出版されている(→マナバーン)。
  • マナ・バーンの影響で堕落した魔術師の成れの果てが堕ちたる者/The Fallenである。

[編集] 参考

QR Code.gif