マナを引き出す目的でタップする

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

パーマネントをマナを引き出す目的でタップする/tap a permanent for manaは、ルール上特別な意味を持つ言葉である。これは「パーマネントの、起動コストタップ・シンボルを含むマナ能力起動する」ということを意味する。

目次

[編集] 解説


Wild Growth / 繁茂 (緑)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(土地)
エンチャントされている土地がマナを引き出す目的でタップされるたび、それのコントローラーは自分のマナ・プールに(緑)を加える(そのマナは、その土地が生み出すマナに追加で加えられる)。



Pale Moon / 蒼ざめた月 (1)(青)
インスタント

ターン終了時まで、プレイヤーがマナを引き出す目的で基本でない土地をタップした場合、それは他のいかなるタイプのマナの代わりに無色のマナを生み出す。


あるパーマネント(以下A)を何らかの手段でタップし、その結果マナ・プールマナが加えられたとしても、「Aをマナを引き出す目的でタップした」ことになるとは限らない。大雑把に言えば、Aが持つ「(T):あなたのマナ・プールに~を加える。」という能力を起動し、その起動コストとしてAをタップした場合のみ、「Aをマナを引き出す目的でタップした」ことになる。

具体例は以下の通り。

  • 極楽鳥/Birds of Paradiseの能力を起動し、それをタップした。これは「極楽鳥をマナを引き出す目的でタップした」ことになる
  • 平地/Plainsの能力を起動し、それをタップした。これは「平地をマナを引き出す目的でタップした」ことになる
    • 文章欄には書かれていないが、平地の能力は「(T):あなたのマナ・プールに()を加える。」であり、起動コストに(T)を含むマナ能力であるため(CR:305.6)。
  • 森/Forest豊かな成長/Abundant Growthエンチャントしている状態で、森の持つ「(T):あなたのマナ・プールに好きな1色のマナ1点を加える。」を起動し、森をタップした。これは「森をマナを引き出す目的でタップした」ことになる
  • 東屋のエルフ/Arbor Elfの能力を起動し、それをタップした。これは「東屋のエルフをマナを引き出す目的でタップした」ことにはならない
    • この能力はあくまで土地アンタップする能力であり、マナ能力ではないため。
  • 死儀礼のシャーマン/Deathrite Shamanの1番目の能力を起動し、それをタップした。これは「死儀礼のシャーマンをマナを引き出す目的でタップした」ことにはならない
  • クローサの庇護者シートン/Seton, Krosan Protectorの能力を起動し、シートン自身をタップした。これは「クローサの庇護者シートンをマナを引き出す目的でタップした」ことにはならない
  • バネ葉の太鼓/Springleaf Drumの能力を起動し、バネ葉の太鼓とメムナイト/Memniteをタップした。これは「バネ葉の太鼓をマナを引き出す目的でタップした」ことにはなるが、「メムナイトをマナを引き出す目的でタップした」ことにはならない
    • 起動したマナ能力を持っているのはバネ葉の太鼓であり、メムナイトではないため。

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif