氷雪マナ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

氷雪マナ/Snow Manaは、氷雪マナ・シンボルコスト支払うことができる、特殊タイプ氷雪」を持つ発生源から生み出されたマナの呼称。氷雪マナ・シンボルに対してのみ意味がある。


Icehide Golem / 氷皮ゴーレム (氷)
氷雪アーティファクト クリーチャー — ゴーレム(Golem)

((氷)は氷雪である発生源からのマナ1点で支払える。)

2/2


Rimebound Dead / 霧氷殻の死者 (黒)
氷雪クリーチャー — スケルトン(Skeleton)

(氷):霧氷殻の死者を再生する。((氷)は氷雪である発生源からのマナ1点で支払える。)

1/1

目次

[編集] 解説

コールドスナップで制定された、新たな氷雪関連のルール。特殊タイプ氷雪」を持つ発生源から生み出されたマナは氷雪マナとして扱われ、氷雪マナ・シンボル支払いに充てることができる。

それまでは他から参照されるだけのマーカー的な役割しか持たなかった氷雪だが、氷雪マナの導入によって氷雪カードのデザインや戦略性が大きく拡張された。通常のマナより捻出するのが困難であるため、氷雪マナを利用したカードや能力は一般的なものに比べて強力であったり割安なコスト設定であるものが多い。また同時に、氷雪マナを供給する最も手軽な手段である氷雪土地の価値を大きく高めたと言える。

氷雪マナを扱うカードはモダンホライゾンカルドハイムで再登場した。

[編集] ルール

  • 氷雪マナはあくまで呼称であり、マナのタイプとしてルールに定義されているわけではない。そのため、烈日収斂で色数にはカウントされず、Ice CauldronJeweled Amuletに氷雪マナであることは記憶されず、倍化の立方体/Doubling Cubeで氷雪マナが倍になることもない。逆に、マナを生み出した発生源が氷雪であれば、元のマナが氷雪マナかは無関係に、発生するマナは氷雪マナとして扱われる。
  • 「氷雪を持つ発生源から出した」ということ以外は通常のマナと全く同じなので、氷雪マナ・シンボル以外で示されたコストの支払いに充てることができる。具体的には、土地クリーチャーマナ能力を持っている場合、それのマナ能力を起動して生み出したマナが同時に氷雪マナとしても扱われることになる。「氷雪マナを出す」という能力が特別に存在しているわけではない。
  • 氷雪を持つかどうかは、そのマナを生み出した時点のみ考慮される。マナを出した後でその発生源が氷雪を得たり失ったりしても、既に出されたマナが氷雪マナとして扱われるかどうかは変化しない。
  • マナ・コストに氷雪マナ・シンボルのみを持つオブジェクト氷皮ゴーレム/Icehide Golemなど)は無色である。氷雪マナ・シンボルは色ではない。
  • 何らかの効果が氷雪マナ・シンボルで表されるマナ1点をプレイヤーのマナ・プールに加える場合には、代わりに無色マナ1点をそのプレイヤーのマナ・プールに加える。
  • 繁茂/Wild Growth春の鼓動/Heartbeat of Springなど、追加でマナを出すエンチャントを使う場合には注意。追加でマナを出すのは土地ではなくそのエンチャントなので、元の土地が氷雪であっても追加マナは氷雪マナとして扱われない。逆に、その発生源を氷雪にすれば、元の土地が氷雪でなくても追加マナは氷雪マナとして扱われる。

[編集] 旧ルール

[編集] 参考

引用:総合ルール 20221118.0

QR Code.gif