光輝王の昇天/Luminarch Ascension

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Luminarch Ascension / 光輝王の昇天 (1)(白)
エンチャント

各対戦相手の終了ステップの開始時に、あなたがこのターンにライフを失っていない場合、あなたは光輝王の昇天の上に探索(quest)カウンターを1個置いてもよい。(ダメージはライフを失わせる。)
(1)(白):飛行を持つ白の4/4の天使(Angel)クリーチャー・トークンを1体生成する。この能力は、光輝王の昇天の上に探索カウンターが4個以上置かれている場合にしか起動できない。


の昇天。対戦相手終了ステップの開始時にライフ失っていなければ探索カウンターが置かれ、4個以上置かれれば天使クリーチャートークンを生み出す起動型能力を使えるようになる。

2マナ支払うごとに4/4飛行クリーチャーを生み出せるのは驚異的。審判の日/Day of Judgment復讐のアジャニ/Ajani Vengeantなどで上手くゲームコントロールして、何とか条件を満たしたい。

関連して、「ダメージを受けない」ことをコンセプトとしているデッキとは相性が良い。パーミッションや、それ以上にそれに特化しているターボフォグなど。

積極的にライフを攻めてこないコントロールデッキへの対策として、サイドボードに搭載されることもある。コントロールのミラーマッチではこれを巡る攻防が勝敗を分けることも多い。

またヴィンテージクラシックではズーラン・バランスフィニッシャーとしても使われる。

統率者戦では条件を満たしやすいため強力な反面、不用意に出すと袋叩きにされる危険性も高い。

  • ゼンディカーの事前情報にあった、「8マナ支払うことにより4体の4/4フライヤーを生み出すカード」とはおそらくこれであろう。(参考)。
  • 1つ目の能力if節ルールの制約下にある。そのため、誘発時と解決時のそれぞれで条件をチェックする。
  • ライフを失ったかどうかを見る。回復してライフが元の値に戻っても、ライフを失うイベントが存在したならば能力は誘発しない。
  • 双頭巨人戦では、対戦相手のチームの終了ステップの開始時に、条件を満たしていれば1つ目の能力は2回誘発する。双方が解決すれば、探索カウンターは2個置かれる。チームメイトのライフが失われたかどうかは問わない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ゼンディカーの昇天サイクル探索カウンターを置く誘発型能力と、探索カウンターが特定の数以上置かれていると機能する能力を持ったエンチャント。各レアに1枚ずつ存在する。

いずれも、2つ目の能力は探索カウンターを取り除かないことに注意。

[編集] 参考

QR Code.gif