無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Tibalt, Rakish Instigator / 無頼な扇動者、ティボルト (2)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — ティボルト(Tibalt)

対戦相手はライフを得られない。
[-2]:「このクリーチャーが死亡したとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはそれに1点のダメージを与える。」を持つ赤の1/1のデビル(Devil)・クリーチャー・トークンを1体生成する。

5

2枚目のティボルト常在型能力対戦相手ライフ獲得の禁止。忠誠度能力クリーチャートークン生成

常在型能力
ライフ獲得を禁止する効果硫黄の渦/Sulfuric Vortexを始めいくつか似た効果を持つエンチャントが存在するが、それらと異なり対戦相手のみに影響する。
初期ライフ20点を削り切ることに特化したデッキにとっては数点のライフ回復でも致命傷になりかねないため、この効果は有難い。エルドレインの王権で‎食物・トークンが登場し、刺さるカードが増えたのも嬉しい。
-2能力
脚光の悪鬼/Footlight Fiendと同等性能の、死亡誘発任意の対象ダメージを与えるデビル・トークンを生成する。
タフネス2のクリーチャーと相打ちしたり、対戦相手のプレインズウォーカー忠誠度を削りとるなどいぶし銀の活躍ができる。

ライフ獲得を禁止しつつトークンで本体へのダメージが確約できるため、アグロデッキミッドレンジコントロールデッキへの対策カードとして使うことが多い。

スタンダードではケイヤの誓い/Oath of Kaya聖堂の鐘憑き/Basilica Bell-Hauntなどを擁するエスパー・コントロール/エスパー・ヒーローや、野茂み歩き/Wildgrowth Walkerハイドロイド混成体/Hydroid Krasisを採用している系デッキの対策として、赤単アグログルール・アグロサイドボードでよく見かける。

リミテッドでもボード・アドバンテージを獲得できるプレインズウォーカーであり、ブロックしてもプレインズウォーカーへダメージを飛ばすデビル・トークンは対戦相手にとってかなり嫌らしい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦の、アンコモン単色プレインズウォーカーサイクル常在型能力誘発型能力と、マイナスの忠誠度能力を1つずつ持つ。各に2枚ずつ存在する。

[編集] ストーリー

ティボルト/Tibaltラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人。男性。

詳細はティボルト/Tibaltを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif