敬慕される炎魔道士、ヤヤ/Jaya, Venerated Firemage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Jaya, Venerated Firemage / 敬慕される炎魔道士、ヤヤ (4)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — ヤヤ(Jaya)

あなたがコントロールしている他の赤の発生源がパーマネントやプレイヤーにダメージを与えるなら、代わりにそれはそのパーマネントやプレイヤーに、その点数に1を足した点数のダメージを与える。
[-2]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。敬慕される炎魔道士、ヤヤはそれに2点のダメージを与える。

5

プレインズウォーカーとしては2枚目のヤヤ常在型能力発生源ダメージ増加。忠誠度能力任意の対象への火力

常在型能力
燃えさし口のヘリオン/Embermaw Hellionと同等の、赤の発生源のダメージを+1する能力。
クリーチャーから火力呪文まで、赤ければダメージを増やせるので、打点を大きく高めることができる。後述の通り-2能力のみではやや力不足であるため、この能力をいかに有効活用できるかが鍵。
-2能力
ショック/Shock
シンプルで使いやすい能力だが、5マナのプレインズウォーカー、なおかつマイナス忠誠度能力であることを考えると少々地味。どちらかと言えば常在型能力のほうが強力であるため、戦局次第ではあえて起動せず忠誠度を保つプレイングも重要。

基本的には赤の濃いデッキで用い、ダメージ増加の常在型能力を主眼にした運用が適している。赤単色デッキならばあらゆるカードが強化されるも同然であるため、爆発力は高い。しかしあくまで他のカードあってこそで、劣勢の状況では5マナのショックとなってしまうこともある。アグロデッキならばケルドの炎/The Flame of Keldなどの選択肢もあるので、常に戦場に残り続けられることに重きを置けるデッキに採用したい。

リミテッドでも重さがやや難点ではあるものの、複数回使える汎用火力という骨格は優秀。対戦相手のプレインズウォーカーへの牽制にも便利。また、同じ赤のアンコモンプレインズウォーカーである無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator生成するデビルトークンとも非常に相性がいい。

[編集] ルール

常在型能力

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦の、アンコモン単色プレインズウォーカーサイクル常在型能力誘発型能力と、マイナスの忠誠度能力を1つずつ持つ。各に2枚ずつ存在する。

[編集] ストーリー

打倒ボーラス/Bolasのため、ゲートウォッチ/The Gatewatch一行と共にラヴニカ/Ravnicaに訪れたヤヤ/Jaya

詳細はヤヤ・バラード/Jaya Ballard (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif