卓絶のナーセット/Narset Transcendent

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Narset Transcendent / 卓絶のナーセット (2)(白)(青)
プレインズウォーカー — ナーセット(Narset)

[+1]:あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。それがクリーチャーでも土地でもないカードであるなら、あなたはそれを公開してあなたの手札に加えてもよい。
[-2]:このターン、あなたが次にあなたの手札からインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えたとき、それは反復を得る。
[-9]:あなたは「あなたの対戦相手はクリーチャーでない呪文を唱えられない。」を持つ紋章を得る。

6

白青プレインズウォーカーとなったナーセット/Narset忠誠度能力は、不確定な手札補充、反復の付与、対戦相手唱える呪文の制限。

+1能力
ライブラリーの一番上カードが、「クリーチャーでない呪文」であれば手札に加えることができる。
不確実ではあるものの、忠誠度を増やしながらカード・アドバンテージを稼ぐことができる。占術などのライブラリー操作を併用すれば確率を上げられるし、そうでなくてもノンクリーチャーかそれに近いデッキであれば1/2以上の確率で手札を増やせる。
-2能力
インスタントソーサリー呪文への反復の付与。時を越えた詠唱/Cast Through Time効果を一時的にしたものと言える。
反復によるタイムラグはあるものの、+1能力と違って確実にアドバンテージを得ることができる。初期忠誠度が高いことも相まって、これを出した後のターンに生き残ればそれだけ効果の大きい呪文でアドバンテージを得られる。
-9能力
対戦相手がクリーチャーでない呪文を唱えることを禁止する紋章を得る。
クリーチャー呪文は制限しないため即座に勝負がつくわけではないが、を含むデッキならばクリーチャーだけを対処するのはそれほど難しくないだろう。十分にゲームを決める力がある。

忠誠度能力の性質上、インスタントやソーサリーを多用するコントロール系のデッキで活きる。初期忠誠度が非常に高いため、打たれ強いのは重要な利点。

プレビューの段階ではトップレアの最有力候補と見られていた。参入当初のスタンダードでは目立った活躍は見られなかったが、イニストラードを覆う影参入後は、エスパーコントロールで採用されることがあった。

クリーチャー土地の数が少ない事が多いヴィンテージでは、+1能力で手札に加えることができる可能性が高く、-2能力で自分のAncestral RecallTime Walk反復させることで莫大なアドバンテージを得ることが出来る。また対戦相手もクリーチャーの数が少なく除去稲妻/Lightning Bolt等の火力に頼っていることが多いため高めの初期忠誠度が利点になりやすいと同時に、-9能力が通ればそのまま相手になにもさせずに勝つことも可能である。これらの性質から、参入直後はメンターなどで採用されることがあった。

[編集] ルール

+1能力
  • ライブラリーの一番上のカードがクリーチャー・カードか土地・カードだった場合、もしくは手札に加えたくない場合は、それを公開する必要はない。
-2能力
-9能力
  • 対戦相手がこの紋章をコントロールしているとき、授与を持つクリーチャー・エンチャントを授与コストで唱えることはできない。唱えることが適正であるかどうかの判定は、授与コストを支払うかどうかを選んだ後で行われるからである。授与コストを支払うことを選択したのならばその時点でその呪文は既にクリーチャー呪文ではない。
    • 初出時からルールが変更されているので注意。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

タルキール龍紀伝の、もう一つの歴史カン/Khanだった人物のサイクル。各氏族/Clan固有のメカニズムを持つ。卓絶のナーセット/Narset Transcendent以外はレア単色伝説のクリーチャー

[編集] ストーリー

歴史改変前のタルキール/Tarkirではジェスカイ道/The Jeskai Wayカン/Khanであったナーセット/Narsetの、歴史改変後の姿。改変前の世界では点ることのなかったプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点り、プレインズウォーカー/Planeswalkerとして覚醒している。

詳細はナーセット/Narsetを参照。

  • プレインズウォーカーであるため透かしは持たないが、反復を付与する能力や「クリーチャーでない呪文」に関する能力など、出身氏族であるオジュタイ氏族/The Ojutai clanを強く意識したデザインになっている。

[編集] 参考

QR Code.gif