衝動/Impulse

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Impulse / 衝動 (1)(青)
インスタント

あなたのライブラリーのカードを上から4枚見る。それらのうちの1枚をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


ライブラリーの一番上の4枚から好きなカード手札に加えられる、限定的なサーチを行うインスタント呪文

土地が足りなければ土地を、呪文が欲しければ呪文を、ほぼ確実に探し出せるため、デッキの安定に大きく貢献する。渦まく知識/Brainstormと比べると、1マナ重い代わりにライブラリーを見れる枚数が1枚増えた上にドローが停滞することは無いが、見た中に必要なカードが2枚以上あってもライブラリーの一番下に置かなくてはならない。

スタンダードではカウンターハンマートリコロールプロスブルームなどに採用された。エクステンデッドでも渦まく知識と併用、あるいはシャッフル手段が少ないこともあって優先されて採用されることもあった。中速のコンボデッキなどでも、コンボパーツを揃えるため採用されることがある。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

特筆しない限り「ライブラリーの一番上から特定の枚数のカードを見る。そのうち特定の枚数のカードを手札に加え、残りをライブラリーの一番下に望む順番で置く」効果を持つのカード。

同様の効果で、手札に加えなかったカードを墓地に置くカードは祖先の記憶/Ancestral Memoriesを参照。

特定の種類のカードを手札に加えるカード。太字は手札に加えなかったカードを墓地に置くもの。

同様の効果で、主にクリーチャー・カードを手札に加えるのカードは自然との融和/Commune with Natureを参照。

基本セット2019プレインズウォーカーデッキに収録された、限定的なサーチ効果を含むカードサイクル。いずれもレアで、ライブラリーの一番上から5枚を見て、該当するのカードを1枚手札に加える効果を含む。

工匠であるテゼレット/Tezzeretデッキに収録されているテゼレットの門破り/Tezzeret's Gatebreakerのみ無色のアーティファクトで、青かアーティファクトのカードをサーチする。

ライブラリーを見るだけで、手札に加えられないクリーチャーの亜種は物知りフクロウ/Sage Owlを参照。

[編集] 脚注

  1. メカニズム的カラー・パイ 2017年版(Making Magic 2017年6月5日)
  2. こぼれ話:『基本セット2019』(Making Magic 2018年7月30日)
  3. Blogatog(Mark RosewaterのBlog 2015年4月12日)

[編集] 参考

QR Code.gif