謎めいた指導者、カズミナ/Kasmina, Enigmatic Mentor

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kasmina, Enigmatic Mentor / 謎めいた指導者、カズミナ (3)(青)
伝説のプレインズウォーカー — カズミナ(Kasmina)

対戦相手が、あなたがコントロールしているクリーチャーかプレインズウォーカーを対象とする呪文を唱えるコストは(2)多くなる。
[-2]:青の2/2のウィザード(Wizard)・クリーチャー・トークンを1体生成する。カードを1枚引き、その後カード1枚を捨てる。

5

灯争大戦で登場したプレインズウォーカー常在型能力呪文コスト増加。忠誠度能力トークン生成および手札の入れ替え。

常在型能力
自身を含む自軍プレインズウォーカーおよびクリーチャー対象にした対戦相手の呪文のコストを2マナ増加させる。
自軍全体が一種の除去耐性を持つようなもので、ビートダウンに対する影響力は最低限のものだが、コントロールに対しては大きくテンポを落とすことができる。
ただし、能力による除去タッパー牢獄領域/Prison Realm)、あるいはプレイヤーを対象にする呪文(残骸の漂着/Settle the Wreckage布告系除去)など、影響の範囲外となる対応手段も少なくないため注意。
  • 呪文が複数の対象を取っているとしても、この能力によって増加するコストは(2)だけである。2体だから(4)、3体だから(6)と増えることはない。
-2能力
2/2のウィザード・トークンの生成+ルーティング
自身を守るブロッカーを出しながら手札を整え、後続に繋げられる。

登場時のスタンダードではアゾリウス・フレンズで採用される。コスト増加とトークン生成で他のプレインズウォーカーを守ることができ、重複した各種伝説のパーマネントをルーティングで処理することもできる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦の、アンコモン単色プレインズウォーカーサイクル常在型能力誘発型能力と、マイナスの忠誠度能力を1つずつ持つ。各に2枚ずつ存在する。

[編集] 開発秘話

既存のプレインズウォーカー/Planeswalkerアンコモン単色サイクルを埋められるものはナーセット/Narsetしかなく、1人分の枠が空いていたが、今後のストーリーに登場するプレインズウォーカーのアイディアがあり、そのキャラクターの顔見せの場とすることで問題は解決された。Mark Rosewater曰く、灯争大戦でのカズミナの能力は彼女の人物像と今後の物語を示唆するものである[1]

[編集] ストーリー

カズミナ/Kasminaラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人。女性。他者を操る魔法や、他者を動物に変身させる魔法を使うことができる。

詳細はカズミナ/Kasminaを参照。

[編集] 脚注

  1. More War Games/さらなる大戦のゲームMaking Magic 2019年4月29日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif