はぐれ影魔道士、ダブリエル/Davriel, Rogue Shadowmage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Davriel, Rogue Shadowmage / はぐれ影魔道士、ダブリエル (2)(黒)
伝説のプレインズウォーカー — ダブリエル(Davriel)

各対戦相手のアップキープの開始時に、そのプレイヤーの手札のカードが1枚以下である場合、はぐれ影魔道士、ダブリエルはそのプレイヤーに2点のダメージを与える。
[-1]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカード1枚を捨てる。

3

灯争大戦カード化されたの新プレインズウォーカー誘発型能力本体火力忠誠度能力手札破壊

誘発型能力
手札が1枚以下の対戦相手に毎ターン2点ダメージ
拷問台/The Rack系統でお馴染みの能力。当然ながら-1能力と噛み合っており、この能力の存在により手札破壊カードダメージソースとしての運用が可能となっている。
-1能力
対戦相手が選んで捨てるタイプの手札破壊。
捨てるのは1度に1枚だけだが、複数回起動することでカード・アドバンテージを得られる。2回起動できればマナ・コスト含め精神腐敗/Mind Rotと同等で及第点だが、3回起動できれば遁走/Fugue相当となり、非常にコスト・パフォーマンスが良くなる。前述の通り、戦場に残しておけばダメージソースとして運用できるため、最後の忠誠度を使い切るか否かは慎重に判断したい。

手札破壊は対戦相手の手札が尽きてしまうと腐るのが難点だが、その欠点を誘発型能力で補っており、いつ引いても無駄になりにくいのが魅力。軽さも相まって、対コントロールデッキ向けの一枚。一方、手札の消費が激しく序盤から攻めてくるアグロ系のデッキを苦手とする点は他の手札破壊と共通。しかしながら、そういった相手であっても1:1交換をしつつ自身へ攻撃を誘って時間を稼げるだけでも充分だろう。

モダン以下のフォーマットならば、他の手札破壊や本家拷問台/The Rackなどを組み込んだ、いわゆる8Rack系デッキへの採用が考えられる。伝説なので2枚以上並べることはできないが、手札破壊と恒常的なダメージソースを兼ねることができるのは他にはない大きな特長。手札でダブってしまってもきっちり忠誠度を使い切ることができるため、どんどん使い捨てていける。

[編集] ルール

誘発型能力

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

灯争大戦の、アンコモン単色プレインズウォーカーサイクル常在型能力誘発型能力と、マイナスの忠誠度能力を1つずつ持つ。各に2枚ずつ存在する。

[編集] 開発秘話

灯争大戦アンコモン単色のプレインズウォーカーを各2枚ずつ必要としていたが、リリアナ/Lilianaはストーリー上の重要性から神話レアとなり、ソリン/Sorinヴラスカ/Vraska多色の方が相応しかったため、の候補はオブ・ニクシリス/Ob Nixilisだけであった。そこで開発部は、手札破壊能力を持つ新規のプレインズウォーカーをデザインした。後に小説・Children of the Namelessのための新規キャラクターダブリエル・ケイン/Davriel Caneが作られると、まさにこのカードに相応しかったため、キャラクターはダブリエルに差し替えられた[1]

[編集] ストーリー

ダブリエル・ケイン/Davriel Caneラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人。人間の男性。

詳細はダブリエル・ケイン/Davriel Caneを参照。

[編集] 脚注

  1. War Games/大戦のゲームMaking Magic 2019年4月22日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif