暴走するヌー/Stampeding Wildebeests

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Stampeding Wildebeests / 暴走するヌー (2)(緑)(緑)
クリーチャー — アンテロープ(Antelope) ビースト(Beast)

トランプル(攻撃しているこのクリーチャーは余剰の戦闘ダメージを防御プレイヤーかプレインズウォーカーに与えることができる。)
あなたのアップキープの開始時に、あなたがコントロールする緑のクリーチャーを1体、オーナーの手札に戻す。

5/4

アップキープ・コストとしてクリーチャー1体を戻すことを要求するトランプル持ちの大型クリーチャー。他に緑のクリーチャーをコントロールしていなければ、通常は自身を戻さなければいけない。

単純にマナ・コスト対性能を見ても優秀なクリーチャーである。花の壁/Wall of Blossoms根の壁/Wall of Rootsなどと組み合わせることで、デメリットのはずのアップキープ・コストもメリットになりうる。

花の壁との組み合わせによる毎ターン追加のドローが強力。また、当時のルールでは戻すクリーチャーは誘発した能力リンボに置かれる際に選んでいたため、1体の緑クリーチャーで複数体の暴走するヌーを維持することが可能だったのも、このカードの強さの一端だった(現在は能力の解決時に戻すクリーチャーを選ぶので不可)。

[編集] 参考

QR Code.gif