花の壁/Wall of Blossoms

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wall of Blossoms / 花の壁 (1)(緑)
クリーチャー — 植物(Plant) 壁(Wall)

防衛
花の壁が戦場に出たとき、カードを1枚引く。

0/4

キャントリップ付きの

2マナの0/4はブロッカーとして合格点。キャントリップによってデッキの動きが安定し、2マナにしてカード・アドバンテージを得やすい。

その軽さも手伝って、大きな負担なくウィニー等による序盤のビートダウンから身を守れるため、を含むコントロールデッキの多くでは重宝されていた。例外は、自分の側にクリーチャーがいると困るオース系デッキくらいか。

[編集] 利用

繰り返しクリーチャーを戦場に出す手段を持つデッキの場合、ドローエンジンの一部としても使われた。

  1. ナイトメア・サバイバルで、繰り返す悪夢/Recurring Nightmareによって戦場から墓地へ、墓地から戦場へ。
  2. アウェイクニングで、貿易風ライダー/Tradewind Rider手札戻り、再び戦場へ。
  3. ステューピッドグリーンで、暴走するヌー/Stampeding Wildebeestsアップキープ・コストで手札に戻り、再び戦場へ。

[編集] 関連カード

[編集] 主な類似カード

類似カードにジャングルの障壁/Jungle Barrier木彫りの女人像/Carven Caryatid休眠スリヴァー/Dormant Sliverがある。また、根囲いの壁/Wall of Mulchも、これを意識してデザインされた亜種の1つと言えるだろう。

[編集] サイクル

ストロングホールドサイクル変容する壁/Shifting Wallを除いて2マナ

[編集] 参考

QR Code.gif