暴動の長、ラクドス/Rakdos, Lord of Riots

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rakdos, Lord of Riots / 暴動の長、ラクドス (黒)(黒)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — デーモン(Demon)

このターン、対戦相手1人がライフを失っていないかぎり、あなたはこの呪文を唱えられない。
飛行、トランプル
あなたの対戦相手がこのターンに失ったライフ1点につき、あなたが唱えるクリーチャー呪文は、それを唱えるためのコストが(1)少なくなる。

6/6

ラヴニカ・ブロックの物語で傷付き倒れたものの、復活を遂げて再登場した、ラクドス教団創始者にしてリーダーである伝説のデーモン。過去の穢すものラクドス/Rakdos the Defilerと比べると、唱える際の制限以外にはペナルティ能力を持っておらず、非常に扱いやすくなった。

条件こそあれ、4マナ6/6飛行トランプルと極めて優秀な性能を誇る。さらに、対戦相手が失ったライフに応じて後続のクリーチャー呪文コストを減らす能力を持ち、非常に攻撃的な性能となっている。

唱える際の制限については、ビートダウンならば小細工なしにクリーチャーの攻撃通したり、血の芸術家/Blood Artist誘発型能力高射砲手/Lobber Crew起動型能力など、マナのかからない手段を用いるとよいだろう。火力呪文やライフロス呪文などで達成することも可能だが、その分のコストを足さなくてはならなくなるので旨味は少なくなる。

登場時点のこの色の4マナ枠にはコントロール向けのオリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldarenビートダウン向けのファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocratと強力なライバルが多い。イニストラード・ブロックスタンダード落ち以降も、目立った活躍は見受けられない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰ブロックの各ギルド/Guildの指導者のサイクル。いずれも伝説のクリーチャーであり、マナ・コストに対応した色マナをそれぞれ2つずつ含む。

[編集] 参考

QR Code.gif