名演撃、ラクドス/Rakdos, the Showstopper

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rakdos, the Showstopper / 名演撃、ラクドス (4)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — デーモン(Demon)

飛行、トランプル
名演撃、ラクドスが戦場に出たとき、デーモン(Demon)でもデビル(Devil)でもインプ(Imp)でもない各クリーチャーにつきそれぞれ1回コイン投げをする。
コインが裏だった各クリーチャーをそれぞれ破壊する。

6/6

ラクドス/Rakdos3枚目のカード化。飛行トランプルを持つ大型クリーチャーという骨子は過去2種類のカードから変わらず、効果が不安定な除去ETB能力を得た。悪魔の眷属(デーモンデビルインプ)以外を敵味方問わず、50%の確率で破壊する様は、残忍かつ気まぐれなラクドスの性格を表していると言えよう。

リミテッドにおいては、戦場にさえ出れば6/6の飛行持ちを単体で受けきれるクリーチャーはサイズ可変のハイドロイド混成体/Hydroid Krasisを除き存在せず、トランプルで死後スピリット・クリーチャー・トークンを乗り越えられるため優秀なフィニッシャーとなる。しかし、ETBで対戦相手だけに被害を与える場面を作り出すのは難しく、劣勢を巻き返せる場合もあれば逆もあり得るので、ある程度割り切って運用する必要があるか。

構築においては、の大型フライヤーとして破滅を囁くもの/Doom Whispererと競合する。あちらは単色色拘束が強いが点数で見たマナ・コストは1少なくサイズが同じ、かつメリット能力のみを持つ強豪である。あえてラクドスを採用するならば、できるだけクリーチャー・タイプを揃えるか死んでもいいPIG持ちのクリーチャーを多用するなどの工夫が必要か。なお、破滅を囁くものもデーモンであるため、併用してもラクドスの不興を買って破壊される事は無い。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドおよびラヴニカの献身ギルド/Guild指導者サイクル。すべて神話レアであり、マナ・コストに所属するギルドの色マナを1つずつ含む。

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

ニコル・ボーラス/Nicol Bolasに協力、あるいは利用されているギルド指導者はプレインズウォーカー太字)、ボーラスに抵抗するギルド指導者は伝説のクリーチャーである(Guild to Order, Part 2/支配するギルド その2)。

[編集] ストーリー

詳細はラクドス/Rakdosを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif