至高の審判者、イスペリア/Isperia, Supreme Judge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Isperia, Supreme Judge / 至高の審判者、イスペリア (2)(白)(白)(青)(青)
伝説のクリーチャー — スフィンクス(Sphinx)

飛行
クリーチャー1体があなたかあなたがコントロールするプレインズウォーカーを攻撃するたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。

6/4

かつてはアゾリウスの影の指導者であったが、現在は直接ギルドを導いている伝説のスフィンクスラヴニカ・ブロック不可解なるイスペリア/Isperia the InscrutableよりもP/Tパワー寄りになり、能力もシンプルで直接的になった。

自分や自分がコントロールするプレインズウォーカー攻撃を受けるたびにカード引ける攻撃クリーチャーが指定された時点でカードを引けるため、その後でブロックしても問題ない。またちょうど引いてきた呪文軽減したり除去したりもでき、意外と隙が少ない優秀な能力である。

複数で攻撃してくればその数だけ誘発するため、ビートダウンの中でも特に数で押すウィニーデッキに対して効果が高い。対戦相手が攻撃してくればくるほど、こちらはどんどんハンド・アドバンテージが膨らんでいき、強力カードで一気に反撃に転じやすくなる。プレインズウォーカーへの攻撃も同時に牽制できるのも低速コントロール・デッキとしてみれば有難い特性であり、速攻デッキの攻撃を耐え切ってじっくりと反撃に転じていく、いかにも白青らしい展開に持ち込めるだろう。

だが、6マナと重いため、これが出る頃に複数の攻撃を受けてしまうと、カードを引いても間に合わない状況に陥る可能性がある。加えて、能力が受動的にも関わらず除去耐性がなくタフネスも4と控えめと言うのが難点。除去が豊富な環境柄、能力を活かそうと構えていると的になり易い。能力はあくまで牽制として、飛行パワー6を活かし積極的にクロックを刻む運用も視野に入れたい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰ブロックの各ギルド/Guildの指導者のサイクル。いずれも伝説のクリーチャーであり、マナ・コストに対応した色マナをそれぞれ2つずつ含む。

[編集] ストーリー

詳細はイスペリア/Isperiaを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif