モグ/Mogg

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

モグ/Moggは、ファイレクシア/Phyrexiaによって戦闘、使役用に品種改良されたゴブリンの一種。主にテンペスト・ブロックネメシスインベイジョン・ブロックに登場した。

一般的なゴブリンよりも大柄で力も強く、好戦的な性質で戦闘能力が高いが、同時に頭の悪さもパワーアップしてしまったらしく、とってもお馬鹿。

筋肉質、頭が尖っている、たいてい裸といった特徴から、イラストからは簡単にモグと普通のゴブリンとの判別ができる。

  • モグの赤ん坊は「Moggling(モグリング)」と呼ばれる。

[編集] 関連カード

[編集] カード名に「モグ」を含むカード

[編集] 設定上モグであるゴブリン

[編集] 参照

QR Code.gif