カウンターバーン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

カウンターバーン (Counter Burn)は、デッキタイプの1つ。カウンターバーン火力)の双方が盛り込まれた青赤コントロールデッキを指す。

基盤は受け身のパーミッションとなるのだが、バーンとして自ら攻めることもするため、2つの動きの切り替えを上手く行う必要があり、プレイングは簡単ではない。また、マナ基盤の配分や打ち消しと火力の配分に至るまで、デッキのバランスを取ることも簡単ではない。

パーミッションが、コントロールダメージソースとして火力を採用するパターンが一般的。またモグの狂信者/Mogg Fanaticのようなアドバンテージを失いにくいクリーチャーも採用される。さらにフィニッシャーとして、継続的に利用できる火力や、通常のパーミッションと同じく青などのファッティが採用される。

火力だけではコントロール性に欠けるため、ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk等のアーティファクトを使うか、さらにを足すことも多い。ただし、対応力が落ちることを承知で、青赤2色に絞りスタイリッシュさを貫く愛好者もまた多い。

有名どころではカウンターハンマーカウンターフェニックスがある。また、クローシスコントロールもカウンターやバーンの比率次第でこれに分類されることもある。

  • バーンデッキにカウンターを足すという形はあまり無い。少量のカウンターを入れて中途半端な構成にするよりは、全て火力にしたほうが安定性や速度の面のメリットが大きい。

[編集] 主なカウンターバーンデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif