ターン起因処理

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ターン起因処理/Turn-Based Actionとは、ルールに定められている、いくつかのフェイズステップで行われるスタックを使わない処理のこと。これらは処理を起こしたら即座に処理される。以前はゲームの行動/Game Actionと呼んでいたが、基本セット2010のルール改正に伴う総合ルールの更新で現在の名称に変更された。

具体的には以下のものがターン起因処理である。

[編集] 参考

QR Code.gif