フェイジング

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
フェイジング/Phasing
種別 常在型能力
登場セット ミラージュ・ブロック
CR CR:702.26

フェイジング/Phasingミラージュ・ブロックで登場したキーワード能力。これはアンタップ・ステップルールを変更する常在型能力である。


Breezekeeper / 微風の守り手 (3)(青)
クリーチャー — ジン(Djinn)

飛行
フェイジング(これはあなたの各アンタップ・ステップの間であなたがアンタップする前にフェイズ・インまたはフェイズ・アウトする。それがフェイズ・アウトしている間、それはそれが存在しないかのように扱う。)

4/4

[編集] 定義

それぞれのプレイヤーのアンタップ・ステップの、パーマネントアンタップする前に、以下の2つが同時に行われる。

[編集] 解説

簡単に言うと、フェイズ・インフェイズ・アウトを毎ターン繰り返すことで消えたり現れたりする能力である。結果的にそのパーマネントは2ターンに1回しか機能しないため、フェイジング自体はペナルティ能力として扱われており、この能力を持っているカードは額面的に1~2マナ程度割安になっていることが多い。

[編集] その他

  • かつてはフェイズ・アウトに位相ではなく領域を使っていた上に例外処理が非常に多かった(フェイズ・アウト#領域 (廃語))。現在のルールはかなり整理されているが、項目が多く面倒なことには変わりない。その面倒さからルール関係者からは基本的に嫌われており、今後この能力を使った新しいカードが出る可能性は低いだろう。
  • ミラージュ・ブロックが初出であるが、それ以前に作られていた類似能力を持つ数枚のカードが一時エラッタによってフェイズ・アウトに関係するテキストを得たことがある。アラビアンナイト土牢/Oubliette‎アンティキティーTawnos's Coffinなどが該当例。その後フェイズ・アウトを用いないテキストに改められていたが、土牢に関しては最新のエラッタで再びフェイズ・アウトを用いるようになった。
  • フェイジングは「アンタップ・ステップのルールを変更する」と総合ルールに記載されているが、ゲーム内にフェイジングを持つカードが存在していなくても、フェイズ・アウトしているパーマネントがフェイズ・インする処理はターン起因処理として常に行われている(→アンタップ・ステップ)。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20210922.1

QR Code.gif