ゴブリン・ウォー・ドラム/Goblin War Drums

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Goblin War Drums / ゴブリン・ウォー・ドラム (2)(赤)
エンチャント

あなたがコントロールするクリーチャーは威迫を持つ。(それらは2体以上のクリーチャーによってしかブロックされない。)


自軍のクリーチャー威迫を付与するエンチャント

単純に対戦相手は2倍のクリーチャーをコントロールしていないとこちらの攻撃ブロックしきれなくなるため、手数で押すようなウィニー系のビートダウンデッキでは強い。バジリスク能力ランページなど、複数のクリーチャーにブロックされるとお得な能力持ちとのシナジーもよい感じ。

  • 全体に「1体でしかブロックされない」効果を与える地元の利/Familiar Groundと対になっていると言える。両者をコントロールしていると、あなたのクリーチャーはブロックされなくなる。
  • 「2体以上のクリーチャーにしかブロックされない」効果は、マジック・オリジンにて威迫としてキーワード能力化された。これ自身のオラクルも威迫を用いたものに変更されている。
    • この変更に伴い、挙動が若干変更されている。これまではゴブリン・ウォー・ドラム自体が「2体以上のクリーチャーによってしかブロックされない」ことを指定していたものの、変更後はクリーチャーそれぞれに「2体以上のクリーチャーによってしかブロックされない」能力を与える形になるため、クリーチャーの持つ能力を失わせる効果により無効化できる。

[編集] 関連カード

自分のクリーチャーキーワード能力のみを与えるエンチャント

威迫をクリーチャーに与える、クリーチャーでないカード。以下のカードのうち、特にについて触れられていない場合単色である。

[編集] ストーリー

ゴブリンの戦太鼓。この太鼓はある一定の規則を持ったリズムで演奏されるが、そのリズム自体には全く意味を持たない。しかし、連日戦場に響くこの太鼓の大音響は敵の精神を消耗させ、恐怖させると共に、命令の伝達手段であると敵に誤解させる意図がある。

この戦太鼓は頭蓋骨を材料とする。中でもセラの天使/Serra Angelの頭蓋骨は最高級品であり、異国の大海蛇/Sea Serpentは重厚な音色で定評があるといわれる。

[編集] 登場作品

[編集] 参考

QR Code.gif